英文創作教室 書評|レアード・ハント(研究社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

読書人紙面掲載 書評
2018年1月20日

執筆の旅路に踏み出すために 
もっとも楽しく実践的な小説執筆ガイド

英文創作教室
著 者:レアード・ハント
翻訳者:柴田 元幸
出版社:研究社
このエントリーをはてなブックマークに追加
気が滅入るようなニュースばかりの、終わりが見えない一年の終わりに、研究社、そしてレアード・ハントと柴田元幸は、肯定的な力と創造性に満ちた、新年を迎え入れるのにぴったりな美しい書物をもたらしてくれた。

タイトルが示すように、『英文創作教室』は日英二言語からなる対訳本であり、読者が自ら英語で物語を書くことを促そうとしている。しかしレアード・ハントは、この狙いをはるかに超えた、文学的野心のあるなしにかかわらずあらゆる読者に親しまれるべき本を書いてくれた。

レアード・ハントは、七冊の長編、とりわけ南北戦争に題を取った優れた歴史小説である『優しい鬼』と『ネバーホーム』の著者であり、さまざまな文学賞も受賞している。また、デンバー大学創作科教授でもある。

英米ではどの主要大学でも、創作科というのは欠かせない重要部門だ。今年のノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロも、イースト・アングリア大学の創作科でマルカム・ブラッドベリとアンジェラ・カーターの下で学び修士号を取得している。しかしながら私の知る限り、日本の大学にはいまだに創作科が定着していない。残念なことだ。だが日本の読者にとって幸運なことに、『英文創作教室』は、大学に通うよりはるかに安く、創作科が与えてくれるものを味わわせてくれるのだ!

レアード・ハントはまた、書くことについて書く作家という伝統を踏襲してもいる。E・M・フォースターの『小説の諸相』、ジョージ・オーウェルの『政治と英語』、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『書くことについて』(未訳)、またもっと最近の例ではスティーヴン・キングの同じく『書くことについて』が思い浮かぶ。キングのこのすばらしい本は、回想録でもあり、書き方を伝授する指南書ともなっていて、作家を目指す人たちに私が最も薦めてきた本である。だがこれからは、レアード・ハントの本書をこそ、もっとも楽しく実践的な小説執筆ガイドとして勧めたいと思う。

『英文創作教室』は三つの部から構成されている。そして本の中心を成す第Ⅰ部は、四つの章に分かれている。書きたいという衝動に駆られながら、何を書けばいいのか、あるいはどのように書き始めればいいのか、分からないということはよくあるのではないだろうか。ハント教授はこの四つの章で、執筆の旅路に踏み出すための四つの実践的なアプローチを示してくれる。ここでユニークなのが、それぞれのアプローチに対し、アメリカ人、日本人の学生一人ずつがその指針に沿って書いた短編が載せられていることだ。これら計八本の短編は、それ自体が見事なものであるし、同時に、ハント教授の創作への取り組みが持つ可能性をはっきり実演してくれてもいる。

短編ひとつひとつに対し、ハント教授は作品をさらに磨き上げる方法を提案する。第Ⅱ部の「改稿版」では、それをヒントに書き直された新バージョン八本が収められ、学生たちがどのように書き直したかを読者はつぶさに見ることができ、さらに、ハント教授がその改稿にコメントを加えている。この部で、読者は改稿の過程を目の当たりにし、ごくごく小さな書き換えが魔法のように短編の姿を変容させるのを何度も目にすることになる。

あらゆる・・・・読者にとってこの第Ⅱ部が最も興味深く重要なセクションだ、と私は主張したい。私たちが「創 作クリエイティブ・ライティング」についてばかり語り、「創 読クリエイティブ・リーディング」については語らないとすれば、それは損失だと言うほかない。なぜなら、創作に携わることは私たちを優れた書き手にしてくれるだけでなく、優れた読者・・・・・にもしてくれるからだ。「作家の目」で小説を読むとき、私たちはテクストをその内側から読むようになり、語りの視点や声に注目し、なぜほかならぬこの時制やこの単語が選ばれたのかに留意するようになる。つまるところ、文学のめくるめく世界に、より本当の意味で浸れるようになるのだ。『英文創作教室』は、まさにそのような優れた読者になるための貴重な機会を与えてくれる。

これでもまだ、このすばらしい本を読むための誘因が足りないという方のためには、最後の第Ⅲ部がとっておきのものを用意していてくれている。すでに地位を確立した作家たちが、ハント教授の四つのアプローチに従って短編を書いてくれているのである――二本はハント教授自身が、さらに二本はレベッカ・ブラウンとチャールズ・シミックが。

最後に、ぜひとも付け加えて言っておかねばならないのだが、本書『英文創作教室』は、ハント教授が福島県郡山市で行なったワークショップから誕生した。このワークショップは、二〇一一年三月の津波による大災害を記憶すべく、作家古川日出男が設立し毎年行われていた文学フェスティバル「ただようまなびや」の一環として開かれた。『英文創作教室』に収められている、美しく、実に読みごたえある創造性のほとばしりは、大災害と悲劇の眼前に立ってなお、文学というものが持っている、読むものを楽しませ、
そして同時に
教育するという力を証言するものにほかならない。『英文創作教室』は間違いなく二〇一八年を迎えるための最良の書物であり、本書が出版されたことは最良の新年ニュースである。(今井亮一・福間恵ほか訳)

(本書評の翻訳=足立伊織)
――以下より書評原文。―――
Writing Your Own Stories by Laird Hunt


David Peace(Writer)

At the end of another year of seemingly endless, grim and negative news, Kenkyusha, Laird Hunt and Motoyuki Shibata bring us a beautiful book of creativity and positivity with which to greet and begin the New Year.

As its title suggests, Writing Your Own Stories is a bilingual book which aims to encourage readers to write their own stories in English, but I would argue that Laird Hunt has given us a book which is much, much more than this and one which should be enjoyed by all readers, regardless of their own literary ambitions.

Laird Hunt is the award-winning author of seven novels, most notably Kind One and Neverhome, an outstanding historical fiction of the American Civil War. He is also a professor of Creative Writing at the University of Denver.

Creative Writing courses have become an important and integral part of almost all leading American and British universities. Kazuo Ishiguro, the recipient of this year’s Nobel Prize in Literature, gained a Master of Arts in Creative Writing from the University of East Anglia, studying under Malcom Bradbury and Angela Carter. However, to the best of my knowledge, Creative Writing courses have yet to become established in Japanese universities. This is a shame. But luckily for Japanese readers, Writing Your Own Stories gives a taste of what such courses can offer and at a minute fraction of the cost!

Laird Hunt is also following in the tradition of writers writing about writing; one thinks of Aspects of the Novel by E.M. Forster, Politics and the English Language by George Orwell, On Writing by Jorge Luis Borges and, more recently, Stephen King’s own On Writing. King’s fascinating book is part memoir, part master class in how to write and has been the book I have most frequently recommended to aspiring writers. However, now I would suggest Laird Hunt’s book as the most enjoyable and practical guide to writing fiction.

Writing Your Own Stories is divided into three sections. The first and main section of the book consists of four chapters. Often we have the urge to write but are perhaps unsure of what to write or how to begin. In these four chapters, Professor Hunt introduces four practical ways to begin the journey of writing. Uniquely, each suggestion is followed by two stories by students, one American and one Japanese, who have followed the respective approaches. These eight stories are quite remarkable in themselves and clearly demonstrate to readers the potential offered by Professor Hunt’s approach to creative writing.

After each story, Professor Hunt then gives suggestions on how to improve them and in the second section, Rewritings, we can read the stories again, observing how the students have rewritten their stories, followed by Professor Hunt’s further comments on the revisions. This section gives us a privileged glimpse into the process of rewriting, often witnessing how the very subtlest of changes can magically transform a story.

I would argue, too, that this section is the most interesting and important for all readers. I believe it is a missed opportunity when we talk only of “creative writing” and not of “creative reading” too, because engaging in creative writing makes us not only better writers but also better readers. When we read with “writer’s eyes” we begin to see texts from the inside, looking at narrative perspective and voice, observing then wondering why this tense or this word was chosen and not another. In short, we become more truly immersed in the wonderful world of literature, and Writing Your Own Stories offers us this rare opportunity to become such better readers.

But if anyone still needs further incentive to read this brilliant book, the final section gives us the bonus of short stories by established authors based on the four approaches; two from Professor Hunt himself, and one each from Rebecca Brown and Charles Simic.

Finally, it is important to know that the genesis of Writing Your Own Stories came from a workshop Professor Hunt conducted in Koriyama, Fukushima, as part of The Drifting Classroom, the annual festival of remembrance founded by Hideo Furukawa in the wake of the March 2011 tsunami and disaster. The beautiful and highly enjoyable outpouring of creativity contained within Writing Your Own Stories is a testament to the potential of literature to both entertain AND educate us in the face of catastrophe and tragedy; this is surely the best news and book with which to begin 2018.



この記事の中でご紹介した本
英文創作教室/研究社
英文創作教室
著 者:レアード・ハント
翻訳者:柴田 元幸
出版社:研究社
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年1月19日 新聞掲載(第3223号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
レアード・ハント 氏の関連記事
柴田 元幸 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
学問・人文 > 辞典・事典関連記事
辞典・事典の関連記事をもっと見る >