発信型サイト「集英社新書プラス」が2月1日にオープン|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

スポットライト
更新日:2018年2月9日 / 新聞掲載日:2018年2月9日(第3226号)

発信型サイト「集英社新書プラス」が2月1日にオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


発信型サイト「集英社新書プラス」が2月1日にオープンした。“Apilotofwisdom"(知恵の水先案内人)を掲げる集英社新書の世界に、より広くより身近な話題をプラス。旬な人物へのインタビューや、話題のニュースの解説をはじめ、連載企画、著者インタビュー、イベント動画や書評など、様々なコンテンツを公開する。

現在、1月17日に発売された『羽生結弦は助走をしない』の著者・高山真氏の短期集中連載「羽生結弦を語り足りない」や、1月26日刊行の単行本『維新の影 近代日本一五〇年、思索の旅』の著者・姜尚中氏インタビューほか、パリを拠点に活躍中の建築家・田根剛氏のインタビューなど、未来を動かす活動や視点に注目する。また「ニュース」欄では、報道で伝えられない、事件の裏に潜むドラマも掘り下げていく。さまざまな角度から、未来へはばたく“今"を集め、世界と読者を繋ぐ「集英社新書プラス」。今後も多彩な書き手の登場が予定されている。

集英社新書プラス
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポットライトのその他の記事
スポットライトをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >