鼎談=渡辺和子×深澤英隆×細田あや子 ESODが導く宗教史学の新地平  渡辺和子著『エサルハドン王位継承誓約文書』(リトン)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年2月9日 / 新聞掲載日:2018年2月9日(第3226号)

鼎談=渡辺和子×深澤英隆×細田あや子
ESODが導く宗教史学の新地平 
渡辺和子著『エサルハドン王位継承誓約文書』(リトン)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
呪いの言葉が映す王の怖れ

細田 
 今お話にあがった呪いの言葉について、宗教学の観点から掘り下げてお話をうかがいたいのですが、まずバビロニア風の呪いとその他周辺地域の呪いの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。
渡辺 
 バビロニア様式の呪いの中に、正義を司る太陽神シャマシュに呼びかけた次のような文章があります。「シャマシュ、天と地の光が、(真理に基づいた)公正な裁判(によって)あなた方を裁かないように。あなた方の視力を曇らせるように。(そして)闇の中をさまよい歩け!」(本書225頁ァ40)。この言葉からは、正義を司るシャマシュは、正義を与えることも出来るし、与えないことも出来るということがわかります。シャマシュはまた『ハムラビ法典』でも主要な神なので、バビロニア人にとっても馴染み深い存在なのです。ある神に呼びかけて、その神の属性にふさわしい内容をもつ呪いの言葉とするのがバビロニア風です。

対して周辺地域の人々に対しては、例えば「ラバに子孫がないごとく、あなた方の名、あなた方の子孫、そしてあなた方の息子たちと娘たちの子孫が国からいなくなるように」(本書235頁ァ66)、あるいは「蛆虫がチーズを食うごとく、あなた方がまだ生きているうちに(蛆虫が)あなた方の肉、あなた方の妻たち、息子たちと娘たちの肉を食うように」(本書239頁ァ76)といった文言があります。ラバや蛆虫が比喩として用いられたのは、それらによってすぐに情景を思い浮かべられる人々を想定しているからです。他にも様々な比喩を使った呪いが出てきます。

エサルハドンは支配下で暮らす人々の生活に根差した比喩を使って訴えかけたわけです。
細田 
 確かにバビロニア人の知識とその他民族の知識には差があるでしょうから、万人の理解を得るために身近で具体的なフレーズをたくさん用意した。多民族のあらゆる風習を考慮して書かれたといっても過言ではないわけですね。
渡辺 
 エサルハドン以前にも周辺地方の呪いは集積されていたでしょうけれども、新たに支配下に入れた地域の呪いを集めることにはかなり注力したでしょうね。
細田 
 ESODでは呪いの言葉という形で人々の不幸の様態を描写することにより、粘土板に刻まれた事態を回避するための警告を発しているのだともいえます。しかし、人々の恐怖を煽る一方でエサルハドン王の怖れが反映しているようにも読むことができます。
渡辺 
 エサルハドンが最も怖れたことは臣下や統治下の民衆が皇太子アッシュルバニパルを次期王として認めず、反旗を翻すことでした。だからこそ万人が理解する文章が必要でした。当時の多様な信仰・文化を総動員し、エサルハドンが抱える懸念材料を取り除こうとしたわけです。
細田 
 皇太子アッシュルバニパルに対する謀反の企てについて、異なる誓約儀礼の方法に触れながら言及している一節もあります。
渡辺 
 次のような文章ですね。「もしあなた方の心が万が一にも、完全に彼と共にないならば、もしあなた方が万が一にも、神々(の像)を据えて、神々の前で誓約を設定する者と、卓を用意することによって、杯から飲むことによって、火をともすことによって、水によって、油によって、(あるいは)胸をつかむことによって互いに誓い合うならば、」(本書207頁ァ13)。

当時、為政者に謀反を起こす目的で誓い合う場合、神像の前で誓いの儀礼を行ったのです。それがどのように行われ得るか、いくつか事例を並べています。それらは卓を用意する、杯から飲む、火をともす、水を飲む、油を皮膚に擦り込む、胸をつかむといった儀礼行為であり、これらを行う者、あるいはこのような儀礼にさそわれても王に報告しない者を呪いの対象としたのです。

さらには最高神が印章を押す誓いですら無効にできる誓いの解除儀礼というものもあり、ESODは同様にこの解除儀礼の作法についても紹介し、警告を発しています。
細田 
 ここまで詳細に事例が述べられていれば、ESODを授かる側としても、何がよくて何がいけないのかが非常にわかりやすかったでしょうね。
渡辺 
 我々研究者の立場からも、当時、実際にあった儀礼についての貴重な資料となります。
細田 
 ESODは従来の王碑文のように王の業績を称える内容ではなく、エサルハドン王の本音が刻まれているから、文章自体も大変に具体的で、それだけに信憑性も高いんですね。この文書一つだけでもメソポタミアの宗教や文化を知ることができますね。
1 2 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
エサルハドン王位継承誓約文書/リトン
エサルハドン王位継承誓約文書
著 者:渡辺 和子
出版社:リトン
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
細田 あや子 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
歴史・地理 > 西洋史関連記事
西洋史の関連記事をもっと見る >