鼎談=渡辺和子×深澤英隆×細田あや子 ESODが導く宗教史学の新地平  渡辺和子著『エサルハドン王位継承誓約文書』(リトン)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年2月9日 / 新聞掲載日:2018年2月9日(第3226号)

鼎談=渡辺和子×深澤英隆×細田あや子
ESODが導く宗教史学の新地平 
渡辺和子著『エサルハドン王位継承誓約文書』(リトン)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
「申命記」との関連性

鼎談風景
深澤 
 渡辺先生はESODのタイナト版発見の事実が、ユダ王ヨシヤによる「申命記改革」に影響を与えたのではないかと述べられています。完璧に実証することは難しいかもしれませんが、このご指摘についてどのくらい蓋然性があるとお考えですか。
渡辺 
 そもそも『旧約聖書』の記事に考古学的な裏付けを示す資料が乏しく、モーセやアブラハムといった主要人物が実際に存在したのか、未だに確証を得られていません。

そこで『旧約聖書』がまとめられる以前の資料として前672年に作成されたことが確定しているESODや前858年から約30年アッシリア王に在位したシャルマネセル3世の所有したブラック・オベリスクという石碑が重要になってくるわけです。このブラック・オベリスクの存在こそが北イスラエル王によるアッシリア王国への朝貢の事実を示していて、両国の密接な関係を証明しているのです。時を経てエサルハドン王時代のユダ王マナセもまた親アッシリア政策をとっていたので、ESODを託されたマナセが、それをエルサレム神殿に安置し祀っていたことはほぼ間違いないだろう、という結論になりつつあるのです。
細田 
 先程、アッシリア王国の役人たちが周辺国の言語を学んだというお話がありましたが、同時にユダ王国側としても、朝貢を行うために最低限、隣の大国の言葉や慣習は学んだでしょうね。
渡辺 
 ユダ王国からすればアッシリアは数百年に及ぶ学びの対象であり続けたといえるでしょう。前612年にアッシリアが滅亡し、服属していたユダ王国は「申命記改革」によって表面上アッシリア風の文化や宗教を破棄しますが、制度設計ではアッシリアを拠り所とせざるを得なかった。ユダ王国が独自の宗教を作る上でも、それまでのメソポタミアの伝統と、特に同時代のESODを参照することになるのでどうしても構造が似てきてしまう。ヨシヤが「申命記改革」によって神殿に新たな「律法書」を祀り、信仰を促したことはエサルハドンがESODによって民衆を統治しようとしたこととぴったり符合します。

ただし、ユダ王国の宗教改革の場合、ESODのようにオリエント世界の住人全てを想定する「グローバル化」ではなく、自国の独自の宗教や伝統に特化する、「ローカル化」を目指したように見えます。
深澤 
 今のお話は従来の旧約聖書学研究を揺さぶる非常にショッキングな発見ですよね。ニムルド版の時点で共通する点が見つかっていたわけですが、タイナト版の発見により、より強固にESODと「申命記」が結びついたわけですね。
渡辺 
 ニムルド版で特に注目されたのは呪いの言葉の部分ですね。例えば「青銅の天から雨が降らないごとく、このごとく雨(と)露があなた方の畑や草地に行かないように。雨の代わりにあなた方の国に炭が降るように。」(本書233―235頁ァ64)。これとよく似た呪いが「申命記」(28章23―24節)に登場します。このような呪いはユダ王マナセが持ち帰ったESODを参考にして「申命記」に採用されたものであるといわれていました。

しかし、そうではなく、エサルハドンが周辺地域の文化や呪いを収集する上で、もともとユダ王国とその付近で流布していたこの呪いを明文化してESODに刻んだということでしょう。エサルハドンによって整えられた呪い集を、ユダ王国で部分的に逆輸入し、自らの律法書に採用したのではないか。このようにアッシリアと周辺諸国の文化や風習は相互に行き来していたとみるのが自然に思えます。

それに「申命記」の28章に呪いの言葉がここまでたくさん並べられたのは、ESODの書き方が正式な作法であると受け取ったからかもしれませんね。
細田 
 つまりタイナト版の研究成果も含めた今回の出版は、当時の共通の文化、言語、イメージ、儀礼などを辿ることができるので、従来の旧約聖書学に対して新しい道筋を提示した、といえますよね。だからこそ今、旧約聖書学を研究するためにもESODを読み込む必要がありますね。
渡辺 
 ESODは当時の知を集約したある意味世界文学であり、この文書によって社会の普遍的な制度と価値観を作り上げようとした。だから聖書学でも宗教史学でも押さえておくべき内容だと思いますよ。
1 2 3 5 6
この記事の中でご紹介した本
エサルハドン王位継承誓約文書/リトン
エサルハドン王位継承誓約文書
著 者:渡辺 和子
出版社:リトン
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
細田 あや子 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
歴史・地理 > 西洋史関連記事
西洋史の関連記事をもっと見る >