昌|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

漢字点心
2018年2月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
平昌オリンピックは、今日、開幕だ。というわけで、今回、取り上げる漢字は、「昌」である。

この漢字は、「ショウ」と音読みし、「さかえる」という意味を持つ。「昌運」といえば、運がよくなること。「昌平」とは、国が繁栄して平和であること。名前で「まさ」と読むのは、「よくなる=まさる」というところに由来する。

そういう意味だと知ってから「昌」を見ると、「日(太陽)」が二つ重なっているのがなんともめでたく、意味に似つかわしく感じられる。実際、この漢字の成り立ちをそのように説く辞書もある。しかし、下の「日」は実は「日」ではなく、「曰(いわく)」だとする説もある。「曰」は「ことばを発する」という意味だから、その場合には、「昌」の本来の意味は「太陽のように輝かしいことば」だということになる。

この見解の相違は、「日」と「曰」とが形がそっくりだから生じるもの。まったく、まぎらわしい漢字である。(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
2018年2月9日 新聞掲載(第3226号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >