【横尾 忠則】霊によって、霊のごとく、お話できてよかったですね。(柄谷)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

日常の向こう側ぼくの内側
更新日:2018年2月20日 / 新聞掲載日:2018年2月16日(第3227号)

霊によって、霊のごとく、お話できてよかったですね。(柄谷)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.2.5
 行方不明になっていた長女の愛猫ルルが5日振りに帰ってきた! 以前タマが4、5日消えた時、毎晩眠れなかったが、娘もさぞかし悲嘆のどん底にあったと思う。猫の帰還は奇蹟と思い神を信じたものだ。クリスチャンで信仰心の厚い彼女なら尚のことだろう。

早朝からアトリエで昨日から開始したスウェーデンボルグに似せた自画像を描く。

『津波の霊たち』は英国のジャーナリストの3・11のドキュメントだが、その圧倒的な迫力に本を途中で閉じてしまった。

アトリエにて山田詠美さんと(撮影・徳永明美)
2018.2.6
 昨日完成したスウェーデンボルグにコスプレした絵を大巾に描き変えてしまった。スウェーデンボルグのことだ、きっと気に入らなかったのだろう。

山田詠美さん来訪。渋谷でうなぎを食べて以来の知己。最初の一行、最後の一行が決まれば小説は動き始まるそーだ。僕の場合、絵は最初の一筆も最後の一筆も決まらないまま見切り発車で、大方が途中下車だ。

アトリエにて柄谷行人さんと(撮影・依田彰)
2018.2.7
深夜に起きるとシーツの上におでんの汚物。処理をしようと思ったが気持ち悪いのでシーツを剥して再び布団の中に潜るが一向に眠れず、睡眠薬を飲むが効果なし。悶悶としている時、寝室に虎が這入ってきて、顔を舐められた。朝になって妻が起きてきて、勝手口に虎を追い払った。床にうずくまった虎は猫ほどの大きさになっていた。それでも虎は猛獣なので「警察に来てもらうよう電話をしなさい」と妻に言う。そーこうしている間に長男が友達を30人ほど連れて来た。全員が新入社員のようにスーツを着ている。彼等を無視してもう一度、睡眠に挑戦するが、気分が高揚していて眠れない。ベッドから離れて表の前栽から道路を挟んだ向かいの家の河竹登志夫さんと大声で、今起こっているわが家の状況を話すが、支離滅裂な話はうまく伝わらないので、「この様子をビデオに収めていますので、後ほど持参します」と告げる。

北斎研究家の永田生慈さん(66)死去。以前公開対談をしたことがある。

柄谷行人さんと依田彰さんアトリエに来訪。本日の話題は「霊によって、霊のごとく、お話できてよかったですね」の柄谷さんの一語に尽きる。ハイ白隠もたまげた前霊のない2人の霊舟閑話でした。

2018.2.8
 京王デパート内を物色している内に京王ホテルの宿泊予約券を紛失してしまい、店内の案内係と二人でくまなく3時間近く探すが、ついに見つからず、精神に異常を来たす寸前までいってしまった。

東京国立近代美術館へ妻、長女、徳永と「熊谷守一」展を観に行く。研究員の保坂健二朗さんと蔵屋美香さんに案内されながら鑑賞。初期の写実絵画からクマガイ・モリカズになっていくプロセスが面白かった。彼はスタイルを確立して終るが、僕はスタイルの放棄に快感を求めるために多分生涯、ジプシーのようにボヘミアンの旅を続けるだろう。

2018.2.9
 カルティエ現代美術財団の上海展「美しき別世界」展のカタログに掲載予定の作品の許可の依頼あり。

三菱一号館の高橋明也館長と学芸員の野口玲一さん来訪。ポンピドゥ・センター・メッスの日本の現代美術展のことやパリの美術界のスキャンダルを聞く。

夜、ピョンチャン五輪開会式のライブをやっていたが早々に寝る。

2018.2.10
 高倉健さんからこんな提案があった。「スポンサーを見つけてきますから、実際のY字路を横尾さんのデザインで建物を作ってしまいませんか?」。そーか、絵ではなく現物のY字路を都市計画的に作ってしまうわけか、うん面白そうですね。

健さんの提案に賛同したあと、黒澤明さんと郷里の駄菓子屋の裏にある井戸のある場所で、明日一緒に写真を撮ることになった。黒澤さんは早速スタッフを動員させて明日の撮影の準備にとりかかってリハーサルを行おうとしている。そんな黒澤さんの全力投球を見て、明日のことは明日やればいいという主義の僕は少し恥じた。

昼、増田屋でおかめうどんを食べて、喜多見不動堂に参って、野川公園のビジターセンターのテラスで、この日記を整理する。

2018.2.11
 そば屋で山田さんに聞いた話。映画「七人の侍」を小学生に観せて感想を求めた。「七人の侍の4人が死んで3人が残りました。誰もおしっこをしませんでした」。一層のこと豪雨の中、死闘の最中に、三船に立ちションか野グソをさせるシーンがあればあの名作は迷作になったろうにと2人で笑った。

旧山田邸でコーヒーを飲みながら読書。アトリエでタマの絵、小一時間で1点完成。

夕方マッサージへ。

夜、全日本実業団山口ハーフマラソンをビデオで。

おでんの夜遊びがまた始まった。野良が寝室まで這入ってきて、おでんの夕食を食べている。それをおでんは本棚の上から高見の見物。
このエントリーをはてなブックマークに追加
横尾 忠則 氏の関連記事
日常の向こう側ぼくの内側のその他の記事
日常の向こう側ぼくの内側をもっと見る >
芸術・娯楽 > 美術関連記事
美術の関連記事をもっと見る >