女性展望カフェ「歴史写真を読みとく、もう一つのフォーカス」|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年2月23日 / 新聞掲載日:2018年2月23日(第3228号)

女性展望カフェ「歴史写真を読みとく、もう一つのフォーカス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
講師・岩尾光代(歴史ジャーナリスト)
▽日時=3月1日(木)13時半~15時半
▽会場=婦選会館(東京都渋谷区代々木2―21―11)
▽参加費=1620円
▽申込み・問い合わせ=市川房枝記念会女性と政治センター(TEL:03・3370・0238/0239、FAX03・5388・4633、Eメールfitikawa@trust.ocn.ne.jp)

歴史写真の確かな定義はない。日本に写真が移入された幕末から第二次大戦の戦後にかけて撮影された写真の総称である。5W1Hの記録がなければ、情報は間違うことになるので、検証つまり「戸籍づくり」が「読写」の基本になる。毎日新聞社が秘蔵していた膨大な写真群をもとに「1億人の昭和史シリーズ」を10年間編集した岩尾氏が、「読写」の試みについて、語る。
このエントリーをはてなブックマークに追加
岩尾 光代 氏の関連記事
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >