MONKEY Vol14 柴田元幸責任編集|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

フォト&アート
2018年2月27日

MONKEY Vol14 柴田元幸責任編集

このエントリーをはてなブックマークに追加
今号の特集は「絵が大事」。〈そもそも「言葉」に「絵」を「添える」という考え方が間違っているのであって、「言葉」と「絵」を組み合わせることで足し算以上のものを作るんだ(猿)〉ということで、小川洋子(文)とジョン・クラッセン(絵)のコラボによる「訪問者」の小さくて豊かな世界や、詩作・版画制作から製本までこなした十八世紀のイギリスを代表する詩人・ウィリアム・ブレイクの「無垢うた」と「経験のうた」を柴田元幸が翻訳、
また「ヘンリー・キングのさまざまな死」を気鋭の二人の作家が絵と言葉で創造、不思議な渦に巻き込まれていく回文の世界や、「VALENTINE STORIES」ほか、カズオ・イシグロの英語を柴田元幸が語る「MONKEY講義」などなど。目に心に幸せな一冊です。(B5判・一二〇〇円・一五九頁・スイッチ・パブリッシング) 
この記事の中でご紹介した本
MONKEY vol.14 絵が大事 /スイッチパブリッシング
MONKEY vol.14 絵が大事
編集者:柴田 元幸
出版社:スイッチパブリッシング
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年2月23日 新聞掲載(第3228号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
柴田 元幸 氏の関連記事
フォト&アートのその他の記事
フォト&アートをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >