半田 カメラ著 夢みる巨大仏 東日本の大仏たち|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. コラム
  3. 新刊
  4. 建築
  5. 半田 カメラ著 夢みる巨大仏 東日本の大仏たち
新刊
更新日:2018年2月27日 / 新聞掲載日:2018年2月23日(第3228号)

半田 カメラ著 夢みる巨大仏 東日本の大仏たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
茨城県の日本一大きな牛久大仏(一二〇m)は有名である。
本書はその牛久大仏に魅せられた著者が北海道から中部までに点在する巨大な仏像を紹介する。
一般に立像で四・八m、座像で二・四m以上の仏像を「大仏」と言うが、本書に登場する多くは十m超。霊園、寺院、住宅街、自然の中で立ったり座ったり寝転んだりする巨大仏は実際に目にすると想像以上に大きく圧倒されることだろう。
東日本へ旅する際にはぜひ見物を。青空に映える巨大仏の姿に清々しさをおぼえる一冊。
(A5判・一七六頁・一六〇〇円・書肆侃侃房TEL:〇九二―七三五―二八〇二)
この記事の中でご紹介した本
夢みる巨大仏 東日本の大仏たち /書肆侃侃房
夢みる巨大仏 東日本の大仏たち
著 者:半田 カメラ
出版社:書肆侃侃房
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
建築関連記事
建築の関連記事をもっと見る >