第26回 やまなし文学賞|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年3月9日 / 新聞掲載日:2018年3月9日(第3230号)

第26回 やまなし文学賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
第26回やまなし文学賞(やまなし文学賞実行委員会主催)が次の通り決定した。
【小説部門・やまなし文学賞】(やまなし文学賞100万円、同佳作各30万円)
▽松井十四季「同調とバランス」
【小説部門・やまなし文学賞佳作】
▽三井多和「逕をゆく」
▽一條瑛里「春泥」
選考委員は、坂上弘、佐伯一麦、長野まゆみの各氏。
【研究・評論部門・やまなし文学賞】(やまなし文学賞各50万円)
▽大橋毅彦『昭和文学の上海体験』(勉誠出版)
▽石原千秋『漱石と日本の近代』(上・下)(新潮社)
選考委員は、中島国彦、関川夏央、兵藤裕己の各氏。
表彰式は、3月17日。
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究関連記事
評論・文学研究の関連記事をもっと見る >