第9回 野生時代 フロンティア文学賞|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年3月16日 / 新聞掲載日:2018年3月16日(第3231号)

第9回 野生時代 フロンティア文学賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
第9回野生時代フロンティア文学賞(主催=KADOKAWA)が、3月12日次の通り決定した(応募総数565作品)。選考委員は、冲方丁氏、辻村深月氏、森見登美彦氏。大賞受賞者には正賞と副賞100万円。
【大賞】
▽岩井圭吾「永遠についての証明」
*いわい・けいご氏は、神奈川県在住の会社員。大阪府出身、1987年生まれ。
【奨励賞】
▽坂梨福朗「親子喧嘩」
*さかなし・ふくろう氏は、埼玉県在住の会社員。福岡県出身、1988年生まれ。
選評は、4月12日発売の「小説 野生時代5月号」(角川書店)に掲載予定。大賞作品は、2018年夏頃に角川書店より単行本として刊行予定。
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究関連記事
評論・文学研究の関連記事をもっと見る >