訃報 内田康夫氏|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

トピック
更新日:2018年3月23日 / 新聞掲載日:2018年3月23日(第3232号)

訃報 内田康夫氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田康夫氏(うちだ・やすお=作家)3月13日、敗血症のため東京都内で死去。83歳。

1934(昭和9)年11月15日東京都北区生まれ。コピーライター、テレビCM制作会社経営を経て、1980年に「死者の木霊」で作家デビュー。代表作の「浅見光彦シリーズ」は、ドラマ・映画・漫画化されて人気を博す。99年には、沖縄県を作品の舞台にした「ユタが愛した探偵」で全国制覇を達成。旅情ミステリー作家として知られる。08年「第11回日本ミステリー文学大賞」受賞。著作数は、未完のまま発表の『孤道』(毎日新聞出版)で163冊。浅見光彦が登場する作品は116事件。「内田康夫ベストセレクション」(全15巻・KADOKAWA)など著書多数。本人の希望により、お別れの会は行わず、3月23日(金)~4月23日(月)の一ヶ月間、軽井沢の「浅見光彦記念館」(長野県北佐久郡軽井沢町長倉504―1)に献花台が設けられる(10時~16時、期間中入館無料)。
この記事の中でご紹介した本
風の盆幻想/実業之日本社文庫
風の盆幻想
著 者:内田 康夫
出版社:実業之日本社文庫
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックのその他の記事
トピックをもっと見る >
文学 > 日本文学 > ミステリー関連記事
ミステリーの関連記事をもっと見る >