恣|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

漢字点心
更新日:2018年3月27日 / 新聞掲載日:2018年3月23日(第3232号)

このエントリーをはてなブックマークに追加
二〇年ほど前、教科書編集部で働いていたころ、三月の下旬は、文部省(当時)へ提出する教科書の追い込みで、忙しい盛りだった。教科書に間違いがあってはならぬ、というわけで、直前まで細かくチェックするのである。

そんな中で、だれかが、教材本文に使われている「恣」という漢字の左上の横棒が、「丶」の形になっているのを発見した。「次」とは、成り立ちから言えば「二」と「欠」から構成されている漢字。「次」の音読み「ジ」は、「二」の音読み「ジ」に由来している、とされる。だから、もともとは「」という形なのだ。「次」は、当用漢字が制定される中で形が変更された、いわゆる「新字体」だが、「放恣」「恣意的」のように使う「恣」は、比較的むずかしい漢字であることもあって、昔の形のままなのだ。

というわけで、何度か出て来る「恣」という漢字を全部探し出して、修正していったのだった。まったく、ご苦労な職場だったことである。(えんまんじ・じろう=編集者・ライター)
このエントリーをはてなブックマークに追加
円満字 二郎 氏の関連記事
漢字点心のその他の記事
漢字点心をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究関連記事
評論・文学研究の関連記事をもっと見る >