第二十回 大藪春彦賞 第一回 大藪春彦新人賞 贈呈式開催|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年3月30日 / 新聞掲載日:2018年3月30日(第3233号)

第二十回 大藪春彦賞 第一回 大藪春彦新人賞 贈呈式開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
左から、呉、佐藤、赤松の各氏
三月二日、東京都内で第二十回大藪春彦賞と第一回大藪春彦新人賞の贈呈式が開催され、大藪賞の呉勝浩氏(『白い衝動』講談社)と佐藤究氏(『Ank:a mirroring ape』講談社)、新人賞の赤松利市氏(「藻屑蟹」)にそれぞれ賞が贈られた。受賞者の呉氏は「大藪賞という素晴らしい賞をいただいたことで、小説家として何かを成し遂げたとか、これがゴールであるといったことはまったくないと思うが、自分が小説家になって間違いではなかったということを、世の中の人たちに言っていただけたのではないか、背中をぽんと押していただけたのではないかと思っている。もちろんずっと推し続けていただけるわけではないので、この先はまた僕自身で歩いていき、その途中でまた誰かにぽんと背中を叩いていただけるよう、歩みを止めずに進んでいこうと思う」と挨拶した。佐藤氏、赤松氏の二人も、それぞれに受賞にあたってとこれからについての思いをそれぞれに語った。

★ご・かつひろ=二〇一五年「道徳の時間」で第六一回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。その他の著書に「ロスト」「蜃気楼の犬」「ライオン・ブルー」など。一九八一年生。

★さとう・きわむ=佐藤憲胤名義の「サージウスの死神」が第四七回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。二〇一六年「QJKJQ」で第六二回江戸川乱歩賞を受賞。一九七七年生。

★あかまつ・りいち=香川県出身。一九五六年生。
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
学問・人文 > 評論・文学研究 > 日本文学研究関連記事
日本文学研究の関連記事をもっと見る >