★「猪熊弦一郎展 猫たち」5組10名様を招待|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読者プレゼント
更新日:2018年3月30日 / 新聞掲載日:2018年3月30日(第3233号)

★「猪熊弦一郎展 猫たち」5組10名様を招待

このエントリーをはてなブックマークに追加
※無断転載禁止※
開催中~4月18日(水)まで、渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2―24―1)、10時~18時(入館は17時半まで)※毎週金・土曜日は21時まで(入館は20時半まで)、会期中無休、観覧料=一般1300円、大学・高校生900円、中学・小学生600円。

問い合わせは、TEL;03・5777・8600(ハローダイヤル)

画家・猪熊弦一郎(1902~93年)は、百花繚乱の昭和の画壇にあって、極めて個性的な作品群を残した。無類の猫好きとしても知られ、私生活でも作品のモチーフとしても猫は重要な存在だったが、彼の芸術は猫だけにとどまるものではない。本展では彼が愛した猫たちを描いた作品を入り口に、猪熊弦一郎の奥深い世界に触れる。猪熊の地元・香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外が主題の作品も加えた約百六十点で構成・展示。絵に登場する猫は千匹とも。実際に会場で数えてみては。

*本展の招待券を5組10名様にプレゼントします。葉書に住所・氏名・連絡先・本紙への感想、ご意見などをご記入の上、「週刊読書人、「猪熊弦一郎展 猫たち」招待券プレゼント係」(〒162―0805新宿区矢来町109)まで。

応募締切=4月6日(金)

※消印有効、当選は発送をもってかえさせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
読者プレゼントのその他の記事
読者プレゼントをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >