角幡唯介インタビュー 一生に一度の旅 極夜のカオスは自分の内面でもあった 『極夜行』(文藝春秋)刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年4月6日 / 新聞掲載日:2018年4月6日(第3234号)

角幡唯介インタビュー
一生に一度の旅 極夜のカオスは自分の内面でもあった
『極夜行』(文藝春秋)刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
自然は大概、こちらの思惑を超えてくる

角幡唯介氏と相棒犬ウヤミリック

――探検の場では、自分の力のみで生を勝ち取らねば、即、死が待っています。その探検に至るまでに、お金も時間もかけて、綿密な準備がなされています。基本的にスポンサーはつけず、自分で稼いだ金で探検することにしているそうですね。その理由と、どのように資金を調達しているのか、差し支えなければ教えてください。
角幡 
 資金は基本的に執筆だけです。講演もちょこちょこありますが、微々たるものですね。スポンサーをつけないのは、好き勝手出来なくなるんじゃないかという気がするのが一番の理由です。他人からカネをもらうと品行方正にふるまわなくてはいけないんじゃないかと。あと、バックパッカーみたいにふらっと行って、ふらっと帰ってくるというのが僕の理想です。スポンサーつけて、事務局設けて、物事を大きくして、がちがちに構えて、みたいなのは好きじゃない。あまりかっこいいとは思えない。

――そして、綿密に準備しても、一瞬で奪われたり、手離さなければならない場面も多々ありましたね。
角幡 
 ヒマラヤ登山のようにやり方が決まっているような場所ではなく、全部自分で、手探りでやらなくてはならないので、今考えたら、それもしょうがないことですね。

――現代社会でも皆、自分の居場所を探している気がしますが、角幡さんは旅の序盤、角幡さん仕様の六分儀「角幡スペシャル」を風に飛ばされ、自分のいる場所をはかる道具を失います。遠い星々と方位磁石のみで、常に半信半疑で、それでも前へ進まねばなりませんでした。アウンナットに向かう正しい本谷にいると確信できた瞬間は、どんな気持ちでしたか。
角幡 
 未知の不安から解放された気分です。先が見えないってことは、不確定要素にとりかこまれた状況なので、不安でしょうがない。人間は本能的に不確定要素から逃れたいと思うものなんですね。探検は未知の世界に飛び込むことなので、不確定要素を求めた行為なのですが、実際にその状況になるとそこから早く逃れたい、って思う。矛盾していますが、そういうもんです。その不確定要素の霧がばーっと晴れて、一気に明るい未来が見通せた感じでした。 

――数年にわたり、食糧やドッグフード、燃料等、旅の必需品・消耗品を、途中の小屋にデポするための旅を繰り返し、この探検に至りましたが、悉く白熊やイヌイットに奪われてしまっていました。このままでは犬が餓死すると知ったときの「犬が死んだらすべてが終わる、犬を死なせないことで自分が築いたものを守りたい」という思い。あるいは後半で「私は犬の命や自分の旅に段々無関心になっていった」と、「犬の命」と、角幡さんが人生をかけた「自分の旅」とを並列していたことを面白く思いました。「〈私性〉が犬やイヌアフィシュアクや六分儀などに拡張する」という感覚を、説明していただけますか。
角幡 
 たとえば何かモノを作ると、時間と労力がそれに乗り移るのでそのモノに魂がこもる。モノだけじゃなくて、犬にも自分の過去と経験が憑依する。土地もそうです。自分が関与する領域が増えていくと、自分自身の一部になるような感覚は誰にでもあると思います。それが命のかかった時間の中で関わった対象なら、なおさらその思いは強くなります。

――出発前に角幡さんは旅の意味を「探検は人間社会のシステムの外側に出る活動」だと語っています。想像を絶する太陽のない世界を旅することで、自然との基本的な結びつきを再発見すると。とても納得させられました。が、この言葉をも、本物の自然はすさまじいかたちで超えてきました。今回の自然との対峙は、これまでの探検と、一味違いましたか。
角幡 
 どうでしょうか。自然は大概、こちらの思惑を超えてくるので、いつも辛酸をなめさせられる。だいたい僕は見通しが甘いほうなので、事前の予想を超える事態に立ち合う、ということになりがちです。 
1 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
極夜行/文藝春秋
極夜行
著 者:角幡 唯介
出版社:文藝春秋
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
角幡 唯介 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
歴史・地理 > 紀行文関連記事
紀行文の関連記事をもっと見る >