極 夜 中村征夫著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

フォト&アート
更新日:2018年4月10日 / 新聞掲載日:2018年4月6日(第3234号)

極 夜 中村征夫著

このエントリーをはてなブックマークに追加
極夜(中村 征夫)新潮社
極夜
中村 征夫
新潮社
  • オンライン書店で買う
水中写真家が一九七七年、地球最北の村グリーンランド・シオラパルクで、「極夜」の村の生活を撮影した。
冒険家植村直己と日大隊が、北極点に到達したその前年の話である。
マイナス四〇度の酷寒に瞼がカメラに張りついたり、闇夜に犬ぞりとぶつかり失明寸前の怪我を負いながら、気さくな村人や子どもたちと「プラット」(=ふらりとよその家に出かけ話に興じること)交流。
アザラシ狩、犬との共生、強烈な匂いの肉片…写真で綴る極北の営み。四〇年前の名作が、デジタルリマスター版として蘇った。
(B5変型・八三頁・一六〇〇円・新潮社)
(画像は本書から)

この記事の中でご紹介した本
極夜/新潮社
極夜
著 者:中村 征夫
出版社:新潮社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォト&アートのその他の記事
フォト&アートをもっと見る >
芸術・娯楽 > 写真 > 世界各地の様子関連記事
世界各地の様子の関連記事をもっと見る >