ノエル・ストレトフィールド著 バレエ・シューズ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

新刊
2018年4月10日

ノエル・ストレトフィールド著 バレエ・シューズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
一九三〇年代イギリス、高名な考古学教授のもとに引き取られ、姉妹として育てられた三人の孤児。調査に出かけたまま消息が分からなくなった教授の代わりに、亡くなった甥夫婦の娘シルヴィアを後見人として、フォッシル(化石)という姓を名乗る彼女たちは、シルヴィアをはじめ、屋敷の使用人たちや下宿人たちの加護を受けながら成長していく。舞台芸術学院の奨学生となり、演劇の才能を伸ばし、やがてスターの片鱗を見せはじめる長女、幼いながらも将来バレリーナとして大成するだろうと誰もが思う三女、そして演技にまったく関心を持てないものの、飛行機や自動車など、機械的なものに強く惹かれていく次女。少女たちが羽ばたいていくさまを描き、イギリスのみならずアメリカや英語圏で広く読まれた児童小説の古典。(中村妙子訳、四六判・二〇六頁・一三〇〇円・教文館)
この記事の中でご紹介した本
バレエ・シューズ/教文館
バレエ・シューズ
著 者:ノエル・ストレトフィールド
翻訳者:中村 妙子
出版社:教文館
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年4月6日 新聞掲載(第3234号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ノエル・ストレトフィールド 氏の関連記事
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
文学 > 外国文学 > 英文学関連記事
英文学の関連記事をもっと見る >