本の国へようこそ 第93回 変化・変身|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

本の国へようこそ
更新日:2018年4月17日 / 新聞掲載日:2018年4月13日(第3235号)

本の国へようこそ 第93回 変化・変身

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年のさくらは例年より早く、あっという間に赤い蕊と黄緑の葉に変わりました。同じ頃、期が移り、新しい学校や職場などへ環境が変わった方も多いのではないでしょうか。慣れるまで大変ですが、どうせなら楽しんだ者勝ちです! 今回は変化・変身をテーマにご紹介します。

いたずらおばけ

歳をとって貧乏だけど、いつも朗らかなおばあさん。ある晩、金がぎっしり詰まった大きな壺を見つけます。でも、なんだか変ですね。振り向くたびに銀の塊になったり、鉄ころになったり…。おばあさんは何を見ても愉快そう。幸せに暮らすコツがみつかる本です。

イギリス民話/瀬田貞二再話/和田義三画    
32頁・900円
福音館書店

パオアルのキツネたいじ

ある夜中に怪しい人影が入り込んでから、おかあさんの様子がおかしいのです。パオアルが包丁を研いで待っていると…。中国の古典『聊斎志異』から、化けギツネを退治した聡明な男の子の話。化けキツネの変身だけでなく、パオアルの目の色の変化にもご注目!

蒲松齢原作/心怡再話/蔡皋絵/中田由美子訳    
34頁・1400円
徳間書店

科学ずかん 変身のなぞ 化学のスター!

変身の名人「水」から、餅やホットケーキの膨らむ仕組、ドライアイスが消える理由、紅葉や花火、血の色の変化、虫歯、石鹸が汚れを溶かすわけ、目に見えない原子の秘密等々、あらゆる変化がイラストで説明され、化学の不思議をたっぷり楽しく学べる一冊です。

原田佐和子、小川真理子、片神貴子、溝口恵文/富士鷹なすび絵    
128頁・4200円
玉川大学出版部

ちいさいおうち

むかしむかし、ずっといなかの静かなところにちいさなおうちがありました。昨日と今日とはいつでも少しずつ違い、春が来て夏が来て、時が経つとともに、景色も変わっていきました…産業が発展し変りゆく社会の姿が、美しい絵でリアルに描き出されます。

バージニア・リー・バートン文・絵/石井桃子訳    
44頁・1600円
岩波書店

銀座教文館
子どもの本のみせ ナルニア国
℡03―3563―0730
◎選書=ナルニア国・菅原幸子さん
この記事の中でご紹介した本
いたずらおばけ/福音館書店
いたずらおばけ
著 者:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
以下のオンライン書店でご購入できます
パオアルのキツネたいじ/徳間書店
パオアルのキツネたいじ
著 者:蒲松 齢
出版社:徳間書店
以下のオンライン書店でご購入できます
変身のなぞ 化学のスター!/玉川大学出版部
変身のなぞ 化学のスター!
著 者:原田 佐和子、小川 真理子、片神 貴子、溝口 恵
出版社:玉川大学出版部
以下のオンライン書店でご購入できます
ちいさいおうち/岩波書店
ちいさいおうち
著 者:バージニア・リー・バートン
出版社:岩波書店
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
本の国へようこそのその他の記事
本の国へようこそをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >