河合ブックレット40 『グローバル資本主義の破局に どう立ち向かうのか』|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2018年5月1日 / 新聞掲載日:2018年5月4日(第3237号)

河合ブックレット40 『グローバル資本主義の破局に どう立ち向かうのか』

このエントリーをはてなブックマークに追加
河合ブックレット40・斉藤日出治著『グローバル資本主義の破局にどう立ち向かうのか 市場から連帯へ』が河合文化教育研究所から刊行された。130頁・900円。

本書はグローバリゼーション論と市民社会論について鋭い考察を発信してきた著者が2017年9月の河合塾大阪校にておこなわれた講義を収録するとともに、河合塾・日本史科講師の青木和子氏による解説を付した内容である。

日々の暮らしのなかで漠然と抱えている不安の根本にあるグローバリゼーションという現象の存在を示唆する。昨今、世界的にはグローバリゼーションに対するポストグローバリゼーション的雰囲気が広まっているが、この潮流はグローバリゼーションを克服するものではなく、むしろ破局的暴力性を深化させるものだと指摘する。

本書は主に三章で構成されており、第一章「二一世紀グローバル資本主義の破局的暴力の諸相」、第二章「グローバル資本主義と近代」、第三章「グローバル資本主義からの脱出」とし、グローバリゼーションの今日的な問題、歴史的側面からの考察、そしてグローバリゼーションからいかに克服すべきかを、若者向けにわかりやすく語りおろした内容がつまっている。

河合文化教育研究所TEL:052・735・1706
この記事の中でご紹介した本
グローバル資本主義の破局にどう立ち向かうか── 市場から連帯へ/河合文化教育研究所
グローバル資本主義の破局にどう立ち向かうか── 市場から連帯へ
著 者:斉藤 日出治
出版社:河合文化教育研究所
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
斉藤 日出治 氏の関連記事
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
学問・人文 > 経済学関連記事
経済学の関連記事をもっと見る >