藤沢靖介、斎藤洋一、吉田勉が語る 『東日本の部落史 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』 (東日本部落解放研究所編、現代書館)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年5月11日 / 新聞掲載日:2018年5月11日(第3238号)

藤沢靖介、斎藤洋一、吉田勉が語る
『東日本の部落史 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』
(東日本部落解放研究所編、現代書館)

このエントリーをはてなブックマークに追加
第4回
差別と闘ってきたところ


斎藤 
 『東日本の部落史』は近世中心になっていますが、今の差別につながるのは近代ですから、これをきちんと考えなくてはいけません。長野の部落の活動家と話した時のことですが、「部落とは何か」と聞かれた時に、私たちは「差別された地域や人々」と言ってしまうけれど、彼らは「差別と闘ってきたところ」と言うそうです。なるほどと思いました。そう捉えると被差別部落の子どもたちの部落の受け止め方も変わっていくのではないでしょうか。
藤沢 
 墨田ではそれに子どもが気付きました。差別を受けた子どもがいて、反論する時に「差別と闘っているところが部落だ」と言ったそうです。その地域では以前から部落問題を学習していたから、それに気付いたのでしょう。必死の抵抗の言葉ですよ。
吉田 
 周りの大人はびっくりしたでしょうね。近世には長吏集団も差別を受けます。そして訴訟を起こした時の共通の論理は、「身低の私どもと見掠めるな」です。つまり差別を許さない、みんな同じではないかという論理を共通して展開しています。
斎藤 
 鈴木家文書にも金銭貸借に関しては部落であろうがなかろうが関係ないとありますね。
吉田 
 これから近代以降の差別や解放の論理をきちんと読み取る作業をしなくてはいけません。それを近世にさかのぼって組み立て直す作業が必要です。部落史研究は現代の差別をどのように無くすのかという課題に貢献するための歴史分野です。部落史の研究が今後も発展していくためのきっかけに『東日本の部落史』はなると思います。 (おわり)
1 2 3
この記事の中でご紹介した本
東日本の部落史Ⅰ関東編/現代書館
東日本の部落史Ⅰ関東編
編 集:東日本部落解放研究所
出版社:現代書館
以下のオンライン書店でご購入できます
東日本の部落史Ⅱ東北・甲信越編/現代書館
東日本の部落史Ⅱ東北・甲信越編
編 集:東日本部落解放研究
出版社:現代書館
以下のオンライン書店でご購入できます
東日本の部落史Ⅲ身分・生業・文化編/現代書館
東日本の部落史Ⅲ身分・生業・文化編
編 集:東日本部落解放研究所
出版社:現代書館
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 社会学関連記事
社会学の関連記事をもっと見る >