島薗進・香川知晶・小松美彦鼎談 人文知は科学技術の暴走を止められるか 『〈いのち〉はいかに語りうるか?』刊行を機に|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年5月11日 / 新聞掲載日:2018年5月11日(第3238号)

島薗進・香川知晶・小松美彦鼎談
人文知は科学技術の暴走を止められるか
『〈いのち〉はいかに語りうるか?』刊行を機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
科学と生命をめぐって

島薗 進氏
島薗 
 新自由主義によって今、短期的な経済効率のみが重視される学問領域に、多額の資金が投入されていく傾向が進んでいます。科学研究もそちらにどんどん導かれていく。さらには人文系社会系の学問も、進行に邪魔となる「小石を取り除く」役割を求められる。その流れを変えていかなくてはならないと、私も生命倫理や原発の問題に取り組んで来ました。新聞の論調などを見ていると、科学の進歩、たとえばiPS細胞やAIの研究開発に関して、バラ色に描く傾向があります。しかし長期的に見ると、これは社会や文化の成り立ちの根幹に関わる深刻な問題も孕んでいる。特に始まりの段階のいのちを利用すること、いのちを選び・作る方向での急速な進展は、我々の生命観に深く関わる問題です。「不妊治療」と言われる生殖補助技術の領域でも、大きな展開が起こっています。万能細胞を作り、豚の中に人間の臓器を作る研究も進められている。しかも倫理の問題をほとんど討議しないまま行なわれている。危機的な状況だと思います。今回のシンポジウムは、人文学の奥深い蓄積をもって、そこへ立ち向かう姿勢を示した。この意味で大きな意義がある企てです。これが「学術会議叢書」にまとめられたのは、非常にインパクトがあることだと考えています。
小松 
 おふたりの話には、三つの論点があったと思います。ひとつは科学と生命をめぐる問題で、果たして科学だけで生命を読み解くことができるのか。また生命操作を人文知の見地から見た場合、改めてどう捉えることができるのか。ふたつ目に、そうした問題を別の視点から捉えて考える人文知の意義とは何か。重要な意義があるにも拘わらず、六・八通知を象徴として、隅に追いやられている。その人文知の現状ですね。三点目。以上の問題を取り巻く、経済効率を中心に据えた日本の科学政策に対する評価。この三つの論点について議論していきたいと思います。まず一番目の問題に関して、島薗さんは、脳死臓器移植や安楽死・尊厳死といった死をめぐる場面よりも、生まれる場面、とりわけゲノム編集等々の問題に精力的な発言を続けて来られたと思います。
島薗 
 一九九七年のクローン羊の誕生公表の後、立ち上がった政府の生命倫理委員会に呼ばれて以来、この問題にずっと関わって来ました。今後重要性が増してくると予想はしていましたが、それ以上に急速な進展をしてきたと思います。世界を見渡してみても、慎重論的な姿勢から推進論的な方向に、なし崩し的に展開している。顕著なのはアメリカです。そこに倫理問題はあまり重視しない中国のような大勢力が加わる。ヨーロッパはいくらか抵抗を見せていますが、この問題に対しては、日本には一定の役割があると認識しています。いのちの始まりについて記したものとしては、ウィリアム・ラフルーアの『水子』という本がありました。日本人は近代化以前から欧米とは異なる「始まりの段階のいのち」をめぐる生命倫理観を持っていることを示した研究です。ラフルーアが指摘した日本独自の生命倫理感をひとつの突破口にして、人文知を基盤にした発信ができるんじゃないか。いのちの始まりをめぐっては、産業と結びつきやすい面もあります。この分野において意見を出していくのは、非常に重要だと思います。

一点、今回の本について注意を促しておくと、読者が少し戸惑うような論点も含まれているかもしれません。「生命観」と言った時、動物・植物と人間では違うのではないかと感じる読者がいると思います。また、生命科学における医療と環境科学とでは、生命観が少し違う。後者にはサステナビリティという理念があり、生命科学を制御する視点があります。環境科学は、むしろ人間の福祉と両立するような長期的な展望を持って展開している。一方で医療の分野は、それにあたるものを見出せないでいる。そこは区別して考えなければいけない。
1 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
〈いのち〉はいかに語りうるか?─生命科学・生命倫理における人文知の意義/日本学術協力財団
〈いのち〉はいかに語りうるか?─生命科学・生命倫理における人文知の意義
著 者:香川 知晶、小松 美彦、島薗 進
出版社:日本学術協力財団
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
島薗 進 氏の関連記事
香川 知晶 氏の関連記事
小松 美彦 氏の関連記事
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 哲学・思想関連記事
哲学・思想の関連記事をもっと見る >