社会の歪みさえ、自分の内へ飲み込む時代|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2018年5月25日 / 新聞掲載日:2018年5月25日(第3240号)

社会の歪みさえ、自分の内へ飲み込む時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
対談は5時間に及んだ。闘争(討論)の過程を大事にする姿勢が伺える気がした。
ある人が言った。学生運動盛んなりし頃は、生きづらさを社会へ吐き出していた。
今は社会の歪みさえ、自分の内へ飲み込む時代だと。
私も気づけば、波風立てず議論をせずに生きている。
でもそれでは、縮小し閉塞していくばかりだろう。
心置きなく討論を闘わせられる場所、週刊読書人はそうあるだろうか?
今回の対談は、読者の立場により賛否出るのではないかと思う。
対談を読み、自分には語ることがあると思う方は、ご一報ください。(S)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >