「週刊読書人」は今年六〇週年を迎えました。|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2018年5月25日 / 新聞掲載日:2018年5月25日(第3240号)

「週刊読書人」は今年六〇週年を迎えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週号から1面にある「読書人」の題字の下に「60th」のロゴが付いているのにお気づきでしょうか。

一九五八年五月五日の創刊から数えて、弊紙は今年六〇週年を迎えました。「週刊読書人」は、書評紙として、それぞれの時代を彩ったさまざまな書籍とともに、さらには変化し続ける時代そのものとともに歩み、その流れを見つめてきました。

書評を中心とし、かつ新聞という形式であるゆえか、時に〈地味〉〈時代に合っていない〉などと言われることもありましたが、愚直に創刊の志を守り続けてまいりました。最近ではウェブ上での記事の全文公開、一面のカラー化、単行本の出版など、いろいろな試みも積極的に取り組み、書評文化、ひいては出版文化に貢献するという根本の精神はそのままに、より読者に愛される媒体として変化し続けていきたいと考えております。

人で言えば還暦を迎えた「週刊読書人」ではありますが、これからもより一層活きのいい記事をお届けしてまいりますので、引き続き何とぞよろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
ビジネス・経済 > 会社関連記事
会社の関連記事をもっと見る >