髙橋秀実著『定年入門 イキイキしなくちゃダメですか』 ポプラ社より刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
読書人よ、集まれ!
▶メールマガジン登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは

出版メモ
2018年6月5日

髙橋秀実著『定年入門 イキイキしなくちゃダメですか』 ポプラ社より刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
定年入門(髙橋 秀実)ポプラ社
定年入門
髙橋 秀実
ポプラ社
  • オンライン書店で買う
女性編集者が私のデスクにこの本を置いていった。髙橋秀実著『定年入門 イキイキしなくちゃダメですか』(ポプラ社)、四六判・288頁・本体1500円。

私は既に一番初めに入社した出版社を最後まで勤め上げ、関連会社にも関わり、その後NPOでボランティアも経験して、いま、ここにいる。当然、「定年」などということについては自分も、身近な人の例なども数え切れないほど経験をしているのだ。

しかし、その女性編集者にしてみると、私という男は「定年」というテーマについて真剣に思いを寄せなくてはならない立場にある、というふうに見えるのであろう。

この「定年」というテーマは、読む人がどこにいるのかによって見え方が相当違ってくるということに、私は気付いた。つまり、私のように存分に「定年」というテーマを経験している者にとっては、とても客観的で冷静に眺めることができる。この本に書かれているさまざまな事例がすべて納得しうるものであるからである。しかし、これが「定年」まで20年くらい余裕のある人が読む場合と、目前に控えて不安におののく人と、または「定年」経験中、実行中という人とでは心への響き方がぜんぜん違ったものになるはずである。

何らかの組織に所属する人は、人が死を避けられないのと同様、その組織を辞めなくてはならない時を必ず迎える。準備することが可能なら、こうしたテーマの本をいま目前に抱えている仕事が一段落した時など、少し余裕のある時期に手にとっておくことも「定められた年」を迎える準備になるのかもしれない。

ポプラ社TEL:03・3357・2215(代)
この記事の中でご紹介した本
定年入門/ポプラ社
定年入門
著 者:髙橋 秀実
出版社:ポプラ社
以下のオンライン書店でご購入できます
2018年6月1日 新聞掲載(第3241号)
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
人生・生活 > 生き方関連記事
生き方の関連記事をもっと見る >