めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則 書評|横山 光昭(小学館)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. ここを伝えたい!本の編集者より
  4. 人生・生活
  5. めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則 書評|横山 光昭(小学館)
ここを伝えたい!本の編集者より
更新日:2018年6月4日

著者の経験を踏まえた、20代のためのお金の教科書!

めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則
著 者:横山 光昭
出版社:小学館
このエントリーをはてなブックマークに追加
 この本を作ろうと思ったのは、私が20代前半のビジネスパーソンと話したときに、彼が「本とか旅行とかにお金を使うより、貯めておきたいです」と語り、私が唖然としたことがきっかけです。

20代で本を読まず、旅行にも行かなかったら、人間的に成長する貴重な機会を逸してしまいます。

著者である横山さんの事務所を訪ねて、そんな話をし、変な節約をしなくても資産を作れる本の執筆を依頼しました。横山さんも、かねがね同様のことを思っていたらしく、原稿の執筆を快諾してくださいました。

横山さんは今でこそ、貯金や投資の先生のようになっているのですが、かつては、クレジットカードで借金をつくるような、お金の劣等生だったそうです。

この本では、横山さんの反省の念を踏まえた記述もたくさん入れていただきました。

たとえば、横山さんが借金してしまったのは、「この飲み会は将来への投資なんだ」と考えて、飲み代に多額の金を使ってしまったこと。これを避けるために、本書では、「その飲み会が本当に投資だったのか、後で振り返る」といった主旨の鉄則を入れています。

また、クレジットカードで借金しないように、JCBやVISAカードのブランドがついたデビットカードの利用を勧めています。

このカードはクレジットカードのように使えるものの、使うとすぐ、自分の銀行口座から金額が引き落とされるため、借金などはできません。

こうしたお金を使わない仕組みが随所に取り入れたれています。
また、リスクが低い投資のコツも記述いたしました。

厳選した40の鉄則を読み、実践すれば、あなたもいつのまにか、「貯金体質」になっていることでしょう。

さあ、今から始めてみませんか?
この記事の中でご紹介した本
めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則/小学館
めざせ1000万円! 20代からの貯金と投資の鉄則
著 者:横山 光昭
出版社:小学館
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
園田 健也 氏の関連記事
ここを伝えたい!本の編集者よりのその他の記事
ここを伝えたい!本の編集者よりをもっと見る >
人生・生活関連記事
人生・生活の関連記事をもっと見る >