『君のいない世界~hideと過ごした2486日間の軌跡~』刊行 I.N.A.インタビュー抄録|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年6月15日 / 新聞掲載日:2018年6月15日(第3243号)

『君のいない世界~hideと過ごした2486日間の軌跡~』刊行 I.N.A.インタビュー抄録

このエントリーをはてなブックマークに追加
X JAPANのギタリストであり、ソロアーティストとしても活躍したhideが亡くなって今年で20年を迎える。80年代末から90年代の音楽シーンで燦然と輝いたミュージシャンとして、未だその人気は衰えることなく、彼の意思を継いだ人々の手によって様々な形で語り継がれる存在でもある。

hideの共同プロデューサー&プログラマーで、X JAPANのサポートメンバーとしても活躍する音楽プロデューサーのI.N.A.(イナ)がこのたびhideとの思い出を綴った『君のいない世界 ~hideと過ごした2486日間の軌跡~』を上梓した。当時の音楽制作、レコーディング風景などI.N.A.しか知らないhideの姿が描かれた内容である。

本書刊行を機にI.N.A.に行ったインタビューの模様を抄録する。 (敬称略)(編集部)
第1回
■hideとの思い出を綴るまでに

I.N.A. 僕が『君のいない世界』でhideのことを振り返る以前に、自身のブログで彼との思い出を綴っていて、現在も無料で公開しています。それこそ20年近く前に書いた内容で、はじめは出版社からそのブログをまとめて本にしたいと依頼があったのですが、それはお断りし、違うアイディアをいただきながら、本の構想を練ったんです。その中でhideの過去のインタビューなどに目を通したんですね。すると、楽曲完成後のコメントはあったのですが、制作過程について語ったものはほとんどなかったんですよ。彼の音楽は常に僕と2人で作っていて、楽曲作りの様子って今では僕しか知らない。だからhideが亡くなって20年の節目にファンや関係者をはじめ、読者の皆さんにhideの音楽がどうやって生まれたのか知ってもらえればと思い、本書のような内容になりました。

執筆にあたり最初に取り組んだのはhideと過ごした日々の年表作りでした。hideが当時語った内容と齟齬がでないように、インタビューをくまなく読み返し、トラックシートというレコーディング時の日付や内容が記載された記録用のメモの確認、またパスポートに押されたスタンプの日付など全て洗い出しました。この検証作業には結構時間がかかりましたね。

僕自身、本というまとまった形で文章を執筆することは初めての経験でしたので、言葉選びや読点の置き方を工夫しながら、フローを作り、リズム感を重視した文章を意識して書きました。だから割と音楽的な感覚を駆使したと言えますね。さらに僕の語りをhideの歌詞とリンクさせて面白みをもたせてみたり、あるいは歌詞の一節を引用してファンに喜んでもらえるような仕掛けを施しています。
2 3 4
この記事の中でご紹介した本
君のいない世界~hideと過ごした2486日間の軌跡~ /ヤマハミュージックメディア
君のいない世界~hideと過ごした2486日間の軌跡~
著 者:I.N.A.
出版社:ヤマハミュージックメディア
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
芸術・娯楽 > 音楽関連記事
音楽の関連記事をもっと見る >