『文芸翻訳教室』(研究社)刊行 越前敏弥氏インタビュー|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年6月16日 / 新聞掲載日:2018年6月15日(第3243号)

『文芸翻訳教室』(研究社)刊行 越前敏弥氏インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2回
文章の読み方、書き方についてもヒントが

文芸翻訳教室(越前 敏弥)研究社
文芸翻訳教室
越前 敏弥
研究社
  • オンライン書店で買う
――あとがきに翻訳は文化の土台を築くプロセスの一端を担っているとあります。海外のものを自国の言葉に訳されたものを読むことで、多様な文化であったり語りの世界を知ることが出来ると。
越前
 そこを目指すべきですね。特にこれから文芸翻訳をやる人は、やはりまずそれが第一だと思うんです。文化の担い手と言うとちょっと格好良すぎますけど、そこははっきり意識してもらいたい。文化ではなくて政治経済かもしれないし、科学なのかもしれないけれども、分からない人にしっかり伝えていく案内人である。そういう重要な仕事だということは意識して勉強を始めてほしいと思います。

――文芸翻訳を学びたい人にとって、この本がとても有益なのは当然だと思いますが、翻訳家を目指す人だけでなく、原文で小説を読みたい人にとっても有用だと思えます。
越前
 そうですね。高校卒業ぐらいのレベルがある人であれば、役に立つことはずいぶんあります。第二部はさすがに本格的に取り組もうとしている人以外はしんどいかもしれませんが、第一部と第三部は十分読みごたえがあると思います。

――さらに言えば、英語はそれほど得意ではない、日本語で小説を読む人にとって、あるいは極端な話、日本語で創作をする人にとっても有益なのではないかとも思えるのですが。
越前
 二つの言語の間を行ったり来たりするのは、両方の言語を鍛えていく上で大事なことですし、何よりも楽しいものです。まったく英文が読めない人には無理ですが、少しでも語学に興味がある人に向けては、文章の読み方、あるいは書き方についてのヒントの一端を示すことは出来たと思っています。そのうえで少しでも翻訳書に興味を持って、何か読んでもらえればもっといいですね。ちょっとでも言葉というものに興味がある人にはぜひ読んでほしいです。

――最後に、ご著書からは話がはずれてしまいますが、すでに日本語翻訳されてはいるけれども、越前さんご自身で翻訳してみたい作家や作品はありますか。
越前
 エラリー・クイーンはすでにやりましたが、あとはディケンズの『荒涼館』ですね。ディケンズが大好きな人間としては、ディケンズの中で一番ミステリ寄りだし、長いこと新訳が出ていなかったので、目をつけてちょっと準備はしていたんだけど、去年岩波文庫から出ちゃったんですよ。それでもう、ちょっとなあって。ディケンズはいまで言う本当の大ベストセラー作家で、ダン・ブラウンぐらいの人なわけです。恋愛であったりとか、ちょっとしたホラーであったりとか、いまで言うところのエンタテインメントの大もとになるようなあらゆる要素が全部詰まっている。僕は研究者じゃないですけれどそういう部分を深めていきたいなと思っていたんですけどね。あと、これは具体的にはっきり決めているわけじゃないんだけど、主に19世紀や20世紀前半ぐらいの版権切れのミステリのなかで代表的なものを子供向けにアレンジしてみたい。去年クラウドファンディングで出した『外国の本っておもしろい!』(読書探偵作文コンクールの優秀作文集、サウザンブックス)のおまけとして、エドガー・アラン・ポーの「盗まれた手紙」を子供向けに訳したんですよ。子供向けと言っても、明らかに子どもが読んでもわけが分からないところをちょっとはしょるような感じで、八割がたは大人向けとしても通用するような翻訳でした。他の作家でも、抄訳でもなく少し噛み砕いたぐらいの感じで翻訳したものができたらなとなんとなく考えてはいるんです。
1
この記事の中でご紹介した本
文芸翻訳教室/研究社
文芸翻訳教室
著 者:越前 敏弥
出版社:研究社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
文化・サブカル > 文化論関連記事
文化論の関連記事をもっと見る >