沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価― 書評|渡辺 靖(新潮社)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 社会・政治
  5. 海外事情
  6. 沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価―の書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2018年6月18日 / 新聞掲載日:2016年1月8日(第3122号)

沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価― 書評
極めて刺激的な現代アメリカ論 
多様な視点から具体的に描く

沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価―
著 者:渡辺 靖
出版社:新潮社
このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルリンの壁が崩壊し冷戦構造が解消したほんの一時期、アメリカは世界の覇権国となりグローバライゼイションとはアメリカナイゼーションではないのか、と思わせたことがあった。それも束の間、9・11以降、異質な敵と対峙し始めたアメリカは、抜き差しならぬ泥沼に引き込まれ、それにともない世界もかつてない脅威にさらされている。正義をかざした強いアメリカはどうなったのか、その衰退が論じられる作今である。

そうしたアメリカのソフトパワーの仕組みや仕掛けを、政治、経済、軍事といった具体的な側面ではなく、文化力のあらわれとして鮮烈に描いた著作が「沈まぬアメリカ」である。伝統無き国家ゆえの、非知性主義的で非権威的な力が生み出した「ソフトパワー」の革新的でアントルプリナールな実態がここに鮮やかに描かれている。それを描く文化人類学者としての著者の視点は実に多様であり、日本にいては、実感できない具体的描写が本書の大きな魅力となっている。

それも北アメリカ大陸という地理的空間内ではなく、テーマ別に構成されたコミュニティーを取り上げている。しかしディズニーランドやマクドナルド、あるいはハリウッドなどアメリカをあからさまに代表する文化的仕掛けはここで除外され、北アメリカという地域からも離れて、普遍化するハイブリッドな様子が示される。つまり、アメリカでしか発展しえなかったと思える文化仕掛けの「源泉」がいかに越境して世界的に展開しつつあるかを取り上げ、その越境先でのフィールドリサーチの結果を示してくれる。その地がシンガポールやドバイ、ウガンダであったり上海であったりする。

序章と第二章で扱われるハーヴァード大学とリベラルアーツ教育の仕組みは、著者が身を以て体験した実感に裏付けられていて、ことに説得力がある。日本でも最近、大学における教養教育の必要性が主張されるが、アメリカでのリベラルアーツを目指しながらいかに本質から乖離し、似て非なるものとなっているかが如実に示されている。その他、ロータリークラブ、メガチャーチ、セサミストリート、ウォールマート、ナショナル・ジオグラフィー協会、ヒップポップといった魅力的コミュニティーが取り上げられている。そのなかで、もっとも興味深く読んだのは政治コンサルタントという業種である。様々な選挙運動をいかなる戦略をもって戦い勝利をもたらすのか、それを商業的業務として請け負うこの業種はどのように生まれ、それが今やアメリカ国外にもひろく伝播しつつあるかが具体的に語られている。

これらのテーマを全体的に見渡した著者が「世間で言われているほど普遍的でも圧倒的でもないのではないか」と述べているのは、きわめて興味ぶかい。つまり、ここで取り上げられた事例は、いわゆるアメリカナイゼーションという言葉のもつ、一方的で抑圧的な支配力ではなく、もっとしたたかにしかも強烈に越境するソフトパワーなのである。それも、アメリカ起源であったことさえ意識されない勢いで広がりつつある文化現象である。

なぜそうなのかは、マックス・ウェーバーやアレクシス・トクヴィルでは説明出来ないと著者は述べるが、現象だけではなく、その根本にある心性についての探求も待たれる。そうして、アメリカが沈まない原因があるなら、そこには世界を支配する圧倒的軍事力の存在も無視出来ない。著者はアメリカ軍基地文化にも関心を示しているが、連邦憲法修正条項第二条にある武装の権利、民兵、銃社会、退役軍人協会、愛国心など軍事が土台となっている側面についても、十分な目配せが必要ではないのか、という読後感をもった。一方で、中国が経済力によって世界のスーパーパワーとなっているとしても、中国が今後、世界の人々にアメリカンドリームに替わる魅力的な夢を与えるとは考えにくい。中国にはソフトパワーを創造し発信する力がないのか、育たないのか、とするとそれはなぜかなどと、本書を読みながら考えさせられる。さまざまな比較対象を喚起するという意味でも、本書は極めて刺激的な現代アメリカ論である。
この記事の中でご紹介した本
沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価―/新潮社
沈まぬアメリカ―拡散するソフト・パワーとその真価―
著 者:渡辺 靖
出版社:新潮社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺 靖 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
社会・政治 > 海外事情関連記事
海外事情の関連記事をもっと見る >