逃走の権利 移民、シティズンシップ、グローバル化 書評|サンドロ・メッザードラ(人文書院)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 書評
更新日:2018年7月1日 / 新聞掲載日:2016年1月29日(第3125号)

人々の移動がもたらす諸課題 
臨場感をもって迫る

逃走の権利 移民、シティズンシップ、グローバル化
著 者:サンドロ・メッザードラ
出版社:人文書院
このエントリーをはてなブックマークに追加
本書は、2001年に出版された初版の第1部、2006年に出された新版の第2部から構成されているSandroMezzadra,Dirittodifuga:migrazioni,cittadinanza,globalizzazione,edizionenuova(Verona,ombrecorte,2006)の翻訳である。第1部はドイツ移民の逃走の権利、移民・労働者の移動性、境界地帯の市民とシティズンシップの境界、植民地以降の世界を内容とする論説からなり、第2部は第1部で展開された様々な議論への批判に答えるかたちで、オーストラリア、アルゼンチン、ヨーロッパの第一線で活躍する研究者らとの対話を文章化している。第1部は論考、第2部は対話という形式上の違いはあるものの、テーマには一貫性があり知的刺激に満ちている。「逃走の権利」とは含蓄のある言葉である。逃走は敗走ではない。自らの意思と選択で、生活の場を移す権利の行使である。移民は自らの選択でより良い生活と安寧を求め、あらゆる境界を越え、たどり着いた場所で地元住民との相剋を経験しながらじんわりと、しかし、確実に地域に作用していく。

ヨーロッパの移民研究を牽引するひとりサンドロ・メッザードラは、移民が移動のルートを形成することによって「移民たちこそが状況を支配している」と読み解く。メッザードラは、また、従来のマクロなプッシュ・プル理論、近年の移住システム論も批判的にとらえ、移民の主体性に着目する。移民個人または集団による主体的行動がうねりを形成し、境界を多孔的なものへと変革させていると説く。しかし、メッザードラは、単数形としての移民の英雄譚を語るわけではない。移民送出地の否定的側面と、移民が移動性の中で発揮する肯定的側面の「移民の置かれた条件の両義性を強調する方向へと向かう」のが著者の目指す立場であるという。また、非正規移民と正規移民とのぼやけた境界に注視することによって、他の様々な主体との異質な連合が切り開かれていくであろうと述べている。

本書の副題にある3つのキーワード、「移民」「シティズンシップ」「グローバル化」は、ヨーロッパが抱えている課題を端的に表す言葉でもある。アフリカ諸国や中東からヨーロッパへの最近の大量移入を考慮すると、「移民」の中に難民、避難民を含めて考えても良い。これらの移動民がたどり着いたところで求めるのは、安定した生活を保障する「シティズンシップ」である。それは、単に制度上の規定としてではなく、従来の制度に挑戦する社会的実践と著者はとらえる。また、シティズンシップとは「市民化」することではなく、市民となり統合されるという発想そのものに疑問符を投げかける実践であるという。しかし、この実践は国民国家の消滅を目指す動きを意味するものではない。国民国家は消滅するのではなく「徹底的な変容過程を経験」していると力説する。グローバル化は、国家の壁が低くなり世界がより平滑になっていくことをあらわすものではないと著者は述べている。従来の「第一世界」と「第三世界」という区切りでもとらえきれないのが今のグローバル化する世界であるという。それは、次の言葉で言い換えられている。「中心の中に周辺があり、周辺の中に中心が存在するようになってきている」という示唆に富むくだりである。

今、ヨーロッパでは急増する移民・難民への対応が喫緊の課題となっている。しかし、シティズンシップ、グローバル化という文脈の中で移民・難民の問題を考えるとき、人々の移動がもたらす諸課題は単にヨーロッパだけの問題ではないことを自覚する必要がある。国連の報告(2015年改訂版)では、難民も含む移民数は世界で2億4400万人にのぼり、2000年時点に比べると7100万人、41%増加したことになるという(UnitedNationsPopulationFactsNo.2015/4)。このような時代状況の中で、本書の内容は臨場感をもって迫ってくる。「逃走の権利」という視座から迫るメッザードラの論考と碩学との対話が織りなすテーマ群は、送り出す側、受け入れる側の観点からだけではなく、移動する民である当事者の立場からの視座も踏まえる必要性を促しているといえよう。(北川眞也訳)
この記事の中でご紹介した本
逃走の権利  移民、シティズンシップ、グローバル化/人文書院
逃走の権利 移民、シティズンシップ、グローバル化
著 者:サンドロ・メッザードラ
出版社:人文書院
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
学問・人文 > 社会学関連記事
社会学の関連記事をもっと見る >