いよいよ刊行!!待ち望まれた決定版(図書館必携書) 『類聚名義抄 観智院本』の世界(八木書店)  大槻信インタビュー〈寄稿・近藤泰弘〉|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

読書人紙面掲載 特集
更新日:2018年6月22日 / 新聞掲載日:2018年6月22日(第3244号)

いよいよ刊行!!待ち望まれた決定版(図書館必携書)
『類聚名義抄 観智院本』の世界(八木書店)
大槻信インタビュー〈寄稿・近藤泰弘〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
第6回
<寄稿>まさに原本さながらの決定版 近藤泰弘

多くの日本語史研究者もそうであると思うが、『類聚名義抄』の観智院本は、平安期の日本語の語彙についての多大な情報を与えてくれるものであり、私も、学生時代以来、勉強に、研究にとフルに活用してきている。原本をすぐに見られるものではないので、利用の便宜のため、当然のことながら、複製本によって研究することになる。謄写版の複製も二回に渡り少部数刊行されたようだが、広く使われたのは、貴重図書複製会の木箱入りのコロタイプ写真版(一九三七年刊)や、正宗敦夫編の日本古典全集所収のオフセット版(一九三八年刊・後に風間書房改装再刊・現代思潮社復刻もあり)である。後者は、独自頁番号をふって正宗氏の仮名・漢字索引の底本となっていたため、風間書房版の本文・索引二巻セットとして広く流布して使われた。私の学生時代の指導教官の築島裕氏の国語史演習では、各種訓点資料の解読をするのが課題だったが、毎年度、どの資料も未解読の難解なものばかりで、一つ一つの漢字の訓を推定するためのもっとも基礎的な資料がこの辞書であった。そういう意味で、名義抄は自分の研究の原点のひとつと言ってもよいだろう。

その後、自分自身の研究でも、索引を参考に名義抄和訓をコンピュータに入力し、他の作品の語彙と比較して論文化したこともあるが、『類聚名義抄』は実に多様な使い方ができる文献であり、アクセント史の研究や、漢字字体の研究など、利用範囲は日本語史研究の全般に渡るものである。ただオフセット版では、声点がどのように付されているかなどの細かい原本の状況は明確でなく、厳密な利用には絶えずコロタイプ版を参照する必要がある。しかし、昔からコロタイプ版は古書価格が高価で、到底、学生・院生が入手できるものではなかった。

そこに救世主のごとく現れたのが天理図書館善本叢書の『類聚名義抄』(一九七六年・八木書店刊)である。高精細のモノクロオフセット網目版で価格も比較的安価だったので、出版されるとすぐに購入したものだった。ただ、唯一の不便な点が、正宗氏の索引の独自の頁番号が本文に印刷されていないことで、購入してすぐに鉛筆で番号を書き込む作業をしたのが懐かしく思い出される。

ということで、これで十分に満足してこれまで日々利用してきて、堅牢な製本もさすがにちょっとくたびれてきていたのだが、何にでも新しい方法は生まれるものである。近年の印刷技術の発展により、フルカラーのオフセット印刷を比較的安価に刊行することができるようになり、その試みも徐々に増えてきているが、新刊の新天理図書館善本叢書においても、その一環として、この観智院本『類聚名義抄』が原寸大の高精細カラー版として再刊されることになった。既に手元に、二〇一八年八木書店から刊行された仏部の一冊を持っているが、期待以上の素晴らしい印刷と造本で、まさに原本さながらで、これこそ決定版と言えるものだろう。例の索引頁番号もちゃんと最初から入っているのも至便である。大槻信氏による新しい解題も加えられ、旧版を所蔵している図書館でも、ぜひこの版も購入すべきものだと考えている。多色版というと、声点の赤の部分が、印刷時の版ずれで、誤った位置に付されてしまったというような例も過去に側聞するが、今回の印刷はデジタル画像データから、最新の製版技術で、厳密な色再現によって作られたものであり、原理的にそのようなことはないものであることを付言する。

ちなみに、北海道大学の池田証寿氏の主導する平安時代漢字字書のデータベースの計画が進展しているが、それが完成すれば、さらに『類聚名義抄』の利用価値は高くなることは疑いない。厳密なカラー影印を手元に置いて、新しい研究がそこから生まれてくることを期待したい。
1 2 3 4 5
この記事の中でご紹介した本
類聚名義抄 観智院本1 仏/八木書店
類聚名義抄 観智院本1 仏
編 集:天理大学附属天理図書館
出版社:八木書店
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
読書人紙面掲載 特集のその他の記事
読書人紙面掲載 特集をもっと見る >
学問・人文 > 辞典・事典関連記事
辞典・事典の関連記事をもっと見る >