なぜ、わが子を棄てるのか  「赤ちゃんポスト」10年の真実 書評|(NHK出版)|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 読書人紙面掲載 書評
  4. 社会・政治
  5. 社会全般
  6. なぜ、わが子を棄てるのか  「赤ちゃんポスト」10年の真実の書評
読書人紙面掲載 書評
更新日:2018年6月23日 / 新聞掲載日:2018年6月22日(第3244号)

なぜ、わが子を棄てるのか  「赤ちゃんポスト」10年の真実 書評
遺棄は子ども虐待の究極 
豊富な論点で棄てられる子どもの人権を論じる

なぜ、わが子を棄てるのか  「赤ちゃんポスト」10年の真実
編 集:NHK取材班
出版社:NHK出版
このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本市の慈恵病院に設置された「こうのとりのゆりかご」(通称、赤ちゃんポスト)は、2017年に10年目を迎えた。開設当初から「命の救済」なのか「子棄ての助長」なのか賛否両論があった。本書は「こうのとりのゆりかご」を語りの舞台として、棄てられる子どもの人権について論じている。

まず何と言っても本書の冒頭に出てくる10代の少年へのインタビューが衝撃的である。この子は、ポストに棄てられ、その後、里親家族に引き取られた。本書に具体的な記述はない(プライバシーの保護のためであろう)が、棄てられたとき、この子は3歳前後だったのではないだろうか。彼は男の人に手を引かれ、見知らぬ建物の前に立ち、扉の中に押し込められたことを記憶している。棄てられたまさにその瞬間を憶えているのだ。親子心中は究極の児童虐待であると言われるが、遺棄もまた極限の虐待である。

   *    *

10年の間に130人の子どもが「こうのとりのゆりかご」に遺棄された。慈恵病院のポリシーとして匿名で子どもを預けられるということがあるが、実際にはかなりの割合で親の身元が分かっている。それは遺棄した親から連絡が来ることもあるし、遺棄した時にアラームが鳴ることで職員が親を追いかけたりしたためである。

取材班は、実際に子どもを遺棄した複数の母親たちにインタビューをしている。そこに共通していることは、母親がパートナーの身勝手さによって追い詰められているという点だ。未婚の妊娠や不倫の末の妊娠など、赤ちゃんを宿したことを公にできず、ましてや産んだ後に育てることなどとてもできない状況がそこにはある。男の倫理観の貧しさには強い怒りを覚える。本来であれば、人工妊娠中絶の対象になっていたであろう幼い命が、中絶の決断がつかないままに分娩に至っているのが実情だ。人工妊娠中絶自体に倫理的な問題があるとする意見もあるが、母体保護法という法律のもと条件を満たせば中絶は合法である。棄てられる運命にある子どもを誕生させるのは、罪深いとしか言いようがない。

公にできない妊娠は往々にして孤立出産になる。医療機関でない場所で、つまり自分だけで赤ちゃんを産む行為だ。医療機関での出産であっても、分娩は100%安全であるわけではない。ましてや孤立出産は母子共々の命を脅かす。「こうのとりのゆりかご」では、孤立出産で生まれてきた赤ちゃんの遺棄が多い。

こうして棄てられた子どもの人権はしっかりと守られているのであろうか。本書で印象的だったのは、特別養子縁組を見据えて遺棄された赤ちゃんを引き取った里親に対して、3年後に実の親が名乗り出て子どもを取り戻そうとした話だ。日本では、血のつながりが過剰に重く見られる。社会が子どもを育てるという考え方が根付いていないために、いったん遺棄した親でも血のつながりがあればその主張に耳を貸さなければいけない。

だがこれはおかしい。前述したように遺棄は子ども虐待の究極である。そうした親に子どもを育てる権利はないと言わざるを得ない。本の後半ではドイツの例を引いているが、ドイツでは子どもを遺棄して8週間経過すると親権は喪失することになっている。日本では特別養子縁組の数が年間500前後であり、これは世界的に見て少なすぎる。子どもがよりよい人生を歩むためには、新しい家族に迎えられることが最善であろう。

しかしながら課題も残る。それは遺棄された子が自分の本当の親を知る権利である。匿名性が守られるから「こうのとりのゆりかご」が成り立っているのではあるが、子どもの権利を考えればここに矛盾点がある。

   *    *

結局のところ、「こうのとりのゆりかご」は、「命の救済」なのか「子棄ての助長」なのだろうか? 答えはどちらも正しい。本書は大著ではないが、中味は豊富で論点も多岐にわたる。少子化が進行するこれからの我が国で、子ども一人ひとりの大事さはさらに増していく。多くの人に勧めたい作品である。

なお、本書では触れていないが、慈恵病院はキリスト教カトリック系の考えに基づいた医療をおこなっている。中世ヨーロッパには赤ちゃんの遺棄とその子どもに対する保護というキリスト教に根ざした文化があった。慈恵病院が「こうのとりのゆりかご」を開設したのはある意味必然だったと言える。ちなみに慈恵病院では人工妊娠中絶はおこなっていない。
この記事の中でご紹介した本
なぜ、わが子を棄てるのか  「赤ちゃんポスト」10年の真実/NHK出版
なぜ、わが子を棄てるのか  「赤ちゃんポスト」10年の真実
編 集:NHK取材班
出版社:NHK出版
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
松永 正訓 氏の関連記事
読書人紙面掲載 書評のその他の記事
読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
社会・政治 > 社会全般関連記事
社会全般の関連記事をもっと見る >