第19回 日本歴史学会賞 決定|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

受賞
更新日:2018年6月29日 / 新聞掲載日:2018年6月29日(第3245号)

第19回 日本歴史学会賞 決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本史研究の発展と研究者への奨励を目的とする、第19回日本歴史学会賞(日本歴史学会主催)が決定した。本賞は対象を日本史のみに限る初の賞として創設。『日本歴史』に昨年掲載の論文から選考される。
【受賞者・受賞論文】
▽手嶋大侑氏「平安中期の年官と庄園」(雑誌『日本歴史』第八三〇号<2017年7月号>掲載)
*てしま・だいすけ氏は、名古屋市立大学大学院人間文化研究科博士後期課程在籍・日本学術振興会特別研究員(DC2)。1992年生まれ。

贈呈式は、7月14日。
このエントリーをはてなブックマークに追加
受賞のその他の記事
受賞をもっと見る >
歴史・地理 > 日本史関連記事
日本史の関連記事をもっと見る >