参加者:荒巻義雄(作家)、増田まもる(翻訳家)、巽孝之(慶應義塾大学教授、SF評論家)  司会・本文構成:岡和田晃 山野浩一氏追悼パネル 電子版限定(1) 第56回日本SF大会(ドンブラコンLL) 於:静岡コンベンションアーツセンター・グランシップ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

WEB限定
更新日:2018年7月9日

参加者:荒巻義雄(作家)、増田まもる(翻訳家)、巽孝之(慶應義塾大学教授、SF評論家)  司会・本文構成:岡和田晃
山野浩一氏追悼パネル 電子版限定(1)
第56回日本SF大会(ドンブラコンLL) 於:静岡コンベンションアーツセンター・グランシップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「週刊読書人」2018年6月29日号掲載の岡和田晃氏による、山野浩一氏追悼パネルの詳細その1
第1回
●1:山野浩一の逝去、それに至るまでの経過

第56回SF大会1(撮影:青井美香)
岡和田晃 
 今回は山野浩一さんの生前、ご縁のあった方々に、在りし日の思い出について聴かせていただければと思います。巽孝之さん。慶應義塾大学教授で、SF評論家・アメリカ文学者としても精力的に仕事をなさっています。荒巻義雄さん。作家、山野浩一さんとの論争で知られていますが、日本にニューウェーヴを根付かせた同志という側面もあります。
増田まもるさん。翻訳家ですが、オルタナティヴ・マガジン「NW-SF」(NW-SF社)でデビュー、サンリオSF文庫(サンリオ)で単独の訳書を出すなど、出発点として山野浩一さんの強い影響を受けてこられました。
私、岡和田晃と申します。司会ですが発言もします(会場笑)。「SFマガジン」(早川書房)の2017年10月号(早川書房)に、急遽、編集部から依頼を受けまして、「ニューウェーヴは終わらない 山野浩一を追悼する」を書かせていただきます。こちらの追悼文には、今まで山野浩一さんについて、あまり知られていなかったことがかなり判明してきまして、そのあたりについて触れています。少しずつ山野浩一さんの評論集(『山野浩一全時評(仮)』、東京創元社)を作っておりまして、ご病気が判明してから、なんとかお元気のうちに出したいと思っておりましたが、力及ばず、間に合いませんでした。
晩年の山野さんは、奥さま(山野みどりさん)の介護生活をしておられました。SFのイベントにも、みどりさんをデイサービスに預けたときにしか出てこられない状態でした。それでも時間を作って、2010年の日本SF大会(TOKON10)のパネルにも出演いただいています。ここのお三方も出てらっしゃいましたね(「SF新人賞&小松左京賞作家『21世紀SF』を考える」、「東京SF大全をふまえてSF評論の意義を問い直す」)。
山野さんは、2017年の2月にみどりさんの還暦のパーティに出席なさいました。書評家の豊崎由美さんも出席しておられました。二次会のカラオケでユーミンの曲を歌うなど、終始ご機嫌でした。
ところが2月の終わりにがん検診でステージ3という診断が下り、4月にはステージ4にまで進みました。5月には、『J・G・バラード短編全集3』(東京創元社)に寄せた特別解説「内宇宙の造園師」を発表されたのですが、残念ながら、こちらが最後のお仕事になってしまいました。6月に、私と作家の樺山三英さんが蔵書整理をお手伝いし、日本SF作家クラブから、藤井太洋さん・YOUCHANさん・宮内悠介さんもお見舞いに行かれました。
山野さんには、未収録の小説が本一冊ぶんくらいあります。山野さんは、自分で積極的に本を作るという「欲」が薄い方でした。そこで、私が音頭をとるかたちで、日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」で未発表作品を公開しています。私自身、亡くなる一週間前まで、山野さんとオンラインで公開のやりとりとか、非公開で評論集の内容などを話していました。増田まもるさんも、7月16日に、八王子のご自宅へお見舞いにうかがったと聞きます。その4日後に亡くなってしまわれました。
山野さんは活動範囲が非常に広い方で、競馬評論家としては、近代競馬のフォーマットを作ったという自負もお持ちだったようです。今回のパネルの一次資料としては、自筆年譜‘(http://koichiyamano.blog.fc2.com/blog-category-2.html)を使います。1939年から80年まで。本当は「To be Continued」とあるので、続けるつもりがあったのでしょうが……。補足しておきますと、ハヤカワ・SF・シリーズ版の『鳥はいまどこを飛ぶか』(1971年、早川書房)の最後にも、先駆けて自筆年譜が載っています(1945〜71年まで)。機会があれば読み比べていただければ。
2 3 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
定本荒巻義雄メタSF全集 第5巻/彩流社
定本荒巻義雄メタSF全集 第5巻
著 者:荒巻 義雄
編集者:巽 孝之、三浦 祐嗣
出版社:彩流社
以下のオンライン書店でご購入できます
日本SF論争史/勁草書房
日本SF論争史
著 者:巽 孝之
出版社:勁草書房
以下のオンライン書店でご購入できます
筒井康隆コレクション 1 48億の妄想/出版芸術社
筒井康隆コレクション 1 48億の妄想
著 者:筒井 康隆
編集者:日下 三蔵
出版社:出版芸術社
以下のオンライン書店でご購入できます
J・G・バラード短編全集 3/東京創元社
J・G・バラード短編全集 3
著 者:J・G・バラード
監修者:柳下 毅一郎
出版社:東京創元社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
岡和田 晃 氏の関連記事
WEB限定のその他の記事
WEB限定をもっと見る >
文学 > 日本文学 > SF関連記事
SFの関連記事をもっと見る >