おさなごのように 天の父に甘える七十七の祈り 晴佐久昌英|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2018年7月10日 / 新聞掲載日:2018年7月6日(第3246号)

おさなごのように 天の父に甘える七十七の祈り
晴佐久昌英

このエントリーをはてなブックマークに追加
「祈り」には特定の信仰が必要だろうか。
実はそうではなく、赤ちゃんがお母さんに向けて最初に発する「あぶー」といった言葉ではない呼びかけこそが「祈り」の始まりだと説く著者。「祈り」は愛、温もり、優しい言葉によってひとつになる親子の交わりから生まれる。
では大人になったらどのように祈ればよいのか?
神父である著者は「天の父よ!」という言葉を祈りに置換える。赤ちゃんが親に甘えるように、全てを包みこむ「天の」存在と私たちが対話するための七十七篇の祈りを収録する。

本書に著される祈りは身近な事柄を題材にしたものが多い。恋の喜びや辛さを分かち合うもの、病気、孤独といった苦難の悩みや死に直面したときの悲しみの拠り所、誰の心にもある思いを素朴な言葉で書き表す。
そんな言葉を真心と親しみをこめて「天の父」に投げかけることで、それが各人の祈りに換わる。

(B6判・一七二頁・一二〇〇円・女子パウロ会)
この記事の中でご紹介した本
おさなごのように―天の父に甘える七十七の祈り―/女子パウロ会
おさなごのように―天の父に甘える七十七の祈り―
著 者:晴佐久 昌英
出版社:女子パウロ会
以下のオンライン書店でご購入できます
「おさなごのように―天の父に甘える七十七の祈り―」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
宗教 > キリスト教関連記事
キリスト教の関連記事をもっと見る >