モヤモヤとした気持ちだけが|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2018年7月13日 / 新聞掲載日:2018年7月13日(第3247号)

モヤモヤとした気持ちだけが

このエントリーをはてなブックマークに追加
初沢亜利さんと森達也さんの対談を行なったのは6月28日、場所は六本木にあるバー山﨑文庫。ここでは初沢さんの写真集刊行を記念して写真展(~8月15日)が開催されている。対談終了後、森さんの次の監督作品の話とともに、森さん自身も呼びかけ人に名を連ねる「オウム事件真相究明の会」の話もあった。
6月4日の立ち上げ記者会見のこと、著書『A3』のこと、麻原の精神が崩壊していること、そして治療すれば改善の見込みがある、との見解も出ていることなど。そして7月6日朝、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ほか、オウム真理教幹部6人の死刑が執行された。
1日に7人も執行されたことにまず驚いた。法務大臣は会見でオウム真理教が関わった事件に関して「裁判所における充分な審理を経た上で最終的に死刑が確定したもの」と述べた。
詐病と言われ精神鑑定も行われず麻原が証言しないままの死刑執行。
賛否があるのは当然としてもなんだかモヤモヤとした気持ちだけが残っている。(M)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
社会・政治 > 社会全般関連記事
社会全般の関連記事をもっと見る >