鳥取で、安西水丸さんの二冊を読む|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

トピック
更新日:2018年7月17日 / 新聞掲載日:2018年7月13日(第3247号)

鳥取で、安西水丸さんの二冊を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
「好きだ。」ストレートにそう言われてしまった。どうしよう?  「え!? いやいや…。冗談ですよね?」と答えていた。今までなら。  この10年くらい、民芸に関する本を読んだり器を見に行ったり、たまに買ったりしているので、『鳥取が好きだ。 水丸の鳥取民芸案内』でつづられる、安西さんが体験した民芸とそれを生み出す風景が、自分が普段目にしているものと重なると、やっぱりうれしい。  鳥取民芸の父、吉田璋也の功績から語られるこの本には、本当に愛しかない。民芸品を求めて西へ東へと移動しながら、どんどん鳥取に惹かれていく安西さんの素直さを(僭越ながら)かわいいと思ってしまう。ここの土で、ここで育つ木や草で作られることの意味と、作り手たちのこだわりを探る、安西さんのまなざし。読み進めるうちに、場所と人への信頼が見えてくる。
後半で触れられる鳥取の風土は、民芸品が生まれるための大切なバックグラウンド。自然や歴史の中から私たちの生活が立ち上がってくる。海や山や川があって、季節ごとにそれを楽しむ。とても恵まれている環境を当たり前だと思えるのは、幸せなことだ。  一読して感じたのは、民藝運動は常に「今」であること。過去を引き継ぎ、未来へとつなげるための「今」。ノスタルジーに浸るのではなく、今の民芸作家たちに思いを寄せる安西さんに、吉田璋也が重なる。  ほぼ同じタイミングで出された『水丸さんのゴーシチゴ』は、俳句にイラストを添えたもの。俳句を場所と四季を限られた文字で表現するものと考えれば、安西さんのモノの捉え方が一貫していることがわかる。同じテーマを別の方法で表現した、と言っても良いかもしれない。  今まであまり表に出ていなかったイラストが添えられていて、日本各地の郷土玩具とアメリカのキャラクターが共存している辺りも面白い。  安西さんは常々「何かを“好きだ”という自分の気持ちを捨てることほど罪なことはない」と言っていたそう。  「好きだ。」と言われたら「ぼくもです。」と答えよう。シャイな鳥取県民なので控えめなトーンで。

★安西水丸個展『七夕の夜(8)』ギャラリー山陽堂

開催中~7月21日(土)まで、ギャラリー山陽堂(東京都港区北青山3―5―22山陽堂書店2・3F)で。
月~金11時~19時(土~17時)※7月13日(金)はイベントのため17時まで、7月14日(土)は休業。
毎年恒例の安西水丸個展『七夕の夜』。8年目の今年はエンピツ画の作品を展示。(協力SPACEYUI)
【イベント】
▽「LIVE版・山陽堂だより(4)」

7月13日(金)19時半~20時半(開場19時)、参加費1000円(ワンドリンク・自家製おつまみ付き)、定員20名(事前申込制)。
問い合わせは、山陽堂書店TEL:03・3401・1358まで。

4回目となる今回のテーマは「水丸さんと山陽堂書店」。安西水丸さんと山陽堂書店とのご縁が生まれたきっかけや山陽堂イラストレーターズ・スタジオ(SIS)開講の話など、写真やエピソードを交えて紹介する。また、LIVE版の後半では「あの時の山陽堂書店」と題して、当時の写真等とともに山陽堂の歴史を紹介。今回は2010から2011年にかけて、出版不況のなか、“本屋として行きていくため"に、まちの小さな本屋が決めた大きな決断についてが語られる。

*7月23日(月)から28日(土)まで、「口丸弘子 絵織物展」を開催。詳細はギャラリー山陽堂HPを参照。

★『鳥取が好きだ。水丸の鳥取民芸案内』刊行記念


<民藝フェア>7月末まで開催(「本の泉」コーナー)
「本の学校 今井ブックセンター」<民藝フェア>
鳥取県米子市の、「本の学校今井ブックセンター」
(鳥取県米子市新開2―3―10 TEL:0859・31・5000)では、安西水丸さんの『鳥取が好きだ。 
水丸の鳥取民芸案内』(河出書房新社)刊行を記念して、店舗中央「本の泉」コーナーにて<民藝フェア>を開催中(~7月末まで)。
お隣の、本と暮らしのお店「SHIMATORI(シマトリ)」(鳥取県米子市新開2―3―10本の学校内TEL:0859・21・4050)では、鳥取民藝のお皿やカップも取り扱う。
この記事の中でご紹介した本
鳥取が好きだ。 水丸の鳥取民芸案内/河出書房新社
鳥取が好きだ。 水丸の鳥取民芸案内
著 者:安西 水丸
出版社:河出書房新社
以下のオンライン書店でご購入できます
水丸さんのゴーシチゴ/ぴあ
水丸さんのゴーシチゴ
著 者:安西 水丸
出版社:ぴあ
以下のオンライン書店でご購入できます
「水丸さんのゴーシチゴ」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
安西 水丸 氏の関連記事
トピックのその他の記事
トピックをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 随筆・エッセー関連記事
随筆・エッセーの関連記事をもっと見る >