トーク&上映会|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年7月27日 / 新聞掲載日:2018年7月27日(第3249号)

トーク&上映会

このエントリーをはてなブックマークに追加
★特集上映タイトル
「Indies film show 新人監督特集『NEWCOMERS!』」
【上映作品】
▽8月4日~10日=『触れたつもりで』(西川達郎監督)※同時上映『ゼンラレジスタンス』(西川達郎監督短編)、『がらんどう』(川原杏奈監督←『触れたつもりで』脚本担当)
▽8月11日~17日=『終末の獣たち』(佐々木優大監督)
▽8月18日~24日=大橋隆行監督特集(『さくらになる』公開記念)『押し入れ女の幸福』『彼の日常』『しあわせのかたち』
▽8月25日~31日=『さくらになる』(大橋隆行監督)
各回前売り1300円、当日1500円、4回セット券3200円
【関連イベント】
《BOOKトーク》映画VS本をめぐる書評家とのトーク
全三夜、『触れたつもりで』『終末の獣たち』『さくらになる』の各週火曜日(8月7日(火)、8月14日(火)、8月28日(火))開催。レイトショー(連日20時半~)終了後。
Indies film show新人監督特集 in 池袋シネマ・ロサに登場する3名の監督は、それぞれの個性を持っていながら、「不在」を描くという意味においては共通したテーマを持っていると言えるかもしれない。ある意味、現代の社会や人々の心に切り込むような彼らの表現を、同じ時代に読まれている本を参照しながら浮かび上がらせてゆくトークの夕べ。聞き手は雑誌『ダ・ヴィンチ』で「ブック・ウォッチャー」連載を担当していた書評家の神田法子が務め、新人監督たちのモチーフやディテールを多面的に追求していく。その他の情報はこちらで。http://www.cinemarosa.net/shinjin.htm
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >