かこさとしさんを偲ぶ会とかこさとしのひみつ展|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年7月27日 / 新聞掲載日:2018年7月27日(第3249号)

かこさとしさんを偲ぶ会とかこさとしのひみつ展

このエントリーをはてなブックマークに追加
七月十六日、川崎市民ミュージアムの映像ホールで、五月二日に亡くなったかこさとしさんを偲ぶ会が行われた。川崎市は、かこさんがセツルメント活動で多くの子どもたちと関わった、創作の原点ともいうべき地である。まず川崎市市長の福田紀彦氏が、開会のことばを述べた。

次にかこさんとの思い出を、偕成社社長の今村正樹氏は「五〇年後の木を思いながら、創作する、本を出すという、活動があるだろうと思います。かこさんは亡くなられましたが、かこさんから我々出版人に託されたものは非常に大きいと思っています」と語った。

『太陽と光しょくばいものがたり』を共著で出している化学者の藤嶋昭氏はかこさんの著作『ピラミッド』を用いた出前授業を、よく行うのだという。「この本のすごさ。今から二五〇〇年よりもっと前、二・五tの石をナイル川から持ってきて、傷がないようにきれいに削って、それを二七〇万個積み上げた。そのピラミッドにまつわるストーリーを、全て描いておられる。基礎をしっかり、一つ一つきれいに積んでいったから、クフ大王のピラミッドだけ崩れていない。基礎を大切にすればいい。一つ一つちゃんと削って積み上げていけばいい、ということをこの本に教えてもらいました」と話した。

また越前市市長の奈良俊幸氏は、かこさとしふるさと絵本館やかこさんが監修した武生中央公園について語り、その世界観が息づいていることを伝えた。

絵本作家のヨシタケシンスケ氏は、子どものとき、『からすのパンやさん』の見開きにずらっと並んだパンを見て、ぼくはこのパンが食べたい。お母さんは何パンがいい? と毎日聞いたという。「母親と会話をするひとときとセットで思い出される本。一人で読んでも楽しいし、誰かと話すきっかけになる、そんな絵本の楽しさがある。自分が絵本を作れるのだとしたら、ああいう作品を作りたいと思った」

絵本作家の長野ヒデ子氏は、転勤で移り住んだ九州で文庫を作り、そこで子どもたちとかこ作品を読んでいた。かこさんに会いたい、という子どもたちの声から、かこさんをお招きしたところ、はるばる九州まで講演に来てくれた。また昨年、かこさんが巖谷小波文芸賞を受賞した折、同時に長野氏が久留島武彦文化賞を受賞した喜びも語った。

映像上映の後、加古総合研究所の鈴木万里氏がお礼ともに、一つの「ひみつ」を披露した。「『未来のだるまちゃんへ』という本のタイトルを、かこは「遺言」にしたい、と言いました。でもそれならば、誰あての遺言なのか。そう考えたとき、かこさとしがお目にかかることが叶わない、未来の子どもさんたちにも伝えたい言葉、ということでこのタイトルに落ちつきました。かこさとしの残した作品が、未来のだるまちゃんたちのお役に少しでも立つことができるよう、努めていきたいです」。

    * 

同ミュージアムでは、九月九日まで「かこさとしのひみつ展」が開催されている。「だるまちゃん」シリーズや『からすのパンやさん』、『どろぼうがっこう』や科学絵本などの名作はもちろん、最初の作品である『だむのおじさんたち』や、一九五〇年から始まる川崎市でのセツルメント活動でのガリ版刷りの通信、かこさんが大事にとっていたセツルメントの子どもたちの絵、絵本作家になる以前のアンデパンダン展出品作なども展示。二〇〇点以上を展示する過去最大規模の展覧会である。
▼期間:~九月九日(日)
▼開館時間:九時半~十七時
▼休館日:月曜日(祝日開館、翌日休)
▼会場:川崎市市民ミュージアム企画展示室1(神奈川県川崎市中原区等々力一―二 ※等々力緑地内)
▼観覧料:一般六〇〇円/中学生以下無料
この記事の中でご紹介した本
かこさとし からだの本 あなたのおへそ/童心社
かこさとし からだの本 あなたのおへそ
著 者:加古 里子
出版社:童心社
以下のオンライン書店でご購入できます
過去六年間を顧みて かこさとし 小学校卒業のときの絵日記/偕成社
過去六年間を顧みて かこさとし 小学校卒業のときの絵日記
著 者:加古 里子
出版社:偕成社
以下のオンライン書店でご購入できます
文藝別冊 かこさとし  人と地球の不思議とともに/河出書房新社
文藝別冊 かこさとし  人と地球の不思議とともに
編 集:河出書房新社編集部編
出版社:河出書房新社
以下のオンライン書店でご購入できます
かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ/平凡社
かこさとし 子どもと遊び、子どもに学ぶ
編 集:別冊太陽編集部編
出版社:平凡社
以下のオンライン書店でご購入できます
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 児童文学関連記事
児童文学の関連記事をもっと見る >