参加者:荒巻義雄(作家)、増田まもる(翻訳家)、巽孝之(慶應義塾大学教授、SF評論家)  司会・本文構成:岡和田晃 山野浩一氏追悼パネル 電子版限定(2) 第56回日本SF大会(ドンブラコンLL) 於:静岡コンベンションアーツセンター・グランシップ|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

WEB限定
更新日:2018年7月31日

参加者:荒巻義雄(作家)、増田まもる(翻訳家)、巽孝之(慶應義塾大学教授、SF評論家)  司会・本文構成:岡和田晃
山野浩一氏追悼パネル 電子版限定(2)
第56回日本SF大会(ドンブラコンLL) 於:静岡コンベンションアーツセンター・グランシップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
第3回
●9:「M・C・エッシャーのふしぎの世界」

岡和田 
NW-SFワークショップで他に思い入れのあること、ありますか?
増田 
「NW-SF」に載ってから、しばらく、ぼく自身が自分で仕事をしたりしていて接触がない時期があったのですが、ある日、電話がかかってきて、「君、翻訳家になりませんか」と。「はい、なります」と答えて。いきなり『334』というのが送られてきたんですけど。生まれてはじめての長編で、あれを送ってくるかと(笑)。
その前にやった『レンズの眼』というのは250枚だったのですけど、僕の生まれてはじめての翻訳ですから、ぜんぶ生まれて初めてをいただいたわけですけどね。翻訳の監修というのは、僕の場合ですけど、野口幸夫くんなんかはまた違ったみたいですが、「OK」か「もうちょっと書き直してくれ」というか、どっちかしかなくて。それでうんうん唸って翻訳して、山野さんに見せたら、よくやった、次、プルーフ版があると渡されたのが、『Unlimited Dream Company(夢幻会社)』が2冊目の長編になります。
岡和田 
山野さんは「週刊読書人」で1972年から80年まで8年もの間、SF時評をやっていて(途中から「SF・ファンタジー時評」に改名)、前任者が石川喬司さん。後任が山田和子さんでした。『334』については、年間ベスト級だと褒めていましたね。
増田 
あれは、すごく嬉しかったですね。
岡和田 
小説もたくさん書いていて、再評価してほしいのは「M.C.エッシャーのふしぎの世界」というシリーズがあり、これは「GORO」という雑誌に連載していたのですが、エッシャーの版権料が高額すぎて単行本に出来なかったと。これは名作だと思います。
巽 
これは荒巻義雄さんの『カストロバルバ エッシャー宇宙の探偵局』(『定本荒巻義雄メタSF全集7巻』所収)より早いんですか?
岡和田 
早いですね。『カストロバルバ』は1983年ですが、こちらは76年からの連載ですから。
増田 
平たく言うとコンデンスド・ノベルですよね。
岡和田 
ええ。連作シリーズなのですが、一作だけ「戦場からの電話」が、『レヴォリューション』(NW-SF社、1983年)に収録されています。いまは、「戦場からの電話」は、中野晴行さんが編集を手がけた『あしたは戦争 巨匠たちの想像力』(ちくま文庫、2016年)で読めます。大学の講義で読ませたところ、都市伝説のようで面白いと好評でした。
このように、エッシャーの絵がなくても面白いシリーズだと思うのですが、山野さんは復刊できるならば、自費で版権料を出してもよいと言っておられ、思い入れがあったようですね。
ところで、山野さんは翻訳家としての増田さんを評して曰く、「増田くんはまったく手がかからなかった」(会場爆笑)
巽 
優等生(笑)
岡和田 
一方、翻訳は前から訳せというのは、國領昭彦さんもバラードの『コンクリートの島』を訳すときに指導されたそうです。1970年代には、山野さんの評論集が出る予定だったので、冬樹社の編集者からの手紙も残っています。『内宇宙からの抒情』というタイトルで、原稿用紙363枚。なぜ出なかったのかは、山野さんご本人も記憶がなかったです。
1 2 4 5 6
この記事の中でご紹介した本
このエントリーをはてなブックマークに追加
岡和田 晃 氏の関連記事
WEB限定のその他の記事
WEB限定をもっと見る >
文学 > 日本文学 > SF関連記事
SFの関連記事をもっと見る >