レイチェル・ウェルズ著、中西和美訳 『通い猫アルフィーと海辺の町』 ハーパーBOOKS|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2018年8月7日 / 新聞掲載日:2018年8月3日(第3250号)

レイチェル・ウェルズ著、中西和美訳 『通い猫アルフィーと海辺の町』 ハーパーBOOKS

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハーパーコリンズ・ジャパンから、英国の作家、レイチェル・ウェルズ氏のハートフル猫物語<通い猫アルフィーシリーズ>第4弾となる、『通い猫アルフィーと海辺の町』が刊行された。文庫判・400頁・本体815円。

通い猫として順調な毎日を送るアルフィーに、ある日思わぬ話が舞い込んだ。 通い先の家族みんなで夏のあいだ、海辺の町の別荘に滞在することになったのだ。同行したアルフィーとジョージの2匹も青い海に大喜び。だが、いわくありげな地元住民はなぜかアルフィーたち一行を町から追い出したいようで……。新しい人間、新しい猫との出会い。今度は“旅猫"になって奇跡を巻き起こす。

この夏、猫は旅に出る!

【既刊】
▽『通い猫アルフィーの奇跡』(文庫判・384頁・本体815円・2015年9月発行)
飼い主を亡くした一匹の猫の、涙と笑いと、奇跡の物語。世界を変えるのは、猫なのかもしれない。
▽『通い猫アルフィーのはつ恋』(文庫判・400頁・本体815円・2016年8月発行)
エドガー・ロードで“通い猫"として暮らすようになったアルフィー。ある日、空き家だった48番地に新しい家族が越してきて……。悩める人間と猫のため1匹の猫が立ちあがる!
▽『通い猫アルフィーとジョージ』(文庫判・392頁・本体815円・2017年7月発行)
新コンビ誕生!? 今度は2匹で奇跡を起こす! 通い猫としての暮らしを謳歌し、幸せな毎日を送るアルフィー。だが人生には別れが付き物で、ある日アルフィーにも突然の別れが訪れることに。落ちこむアルフィーを元気づけようと、飼い主の一人がなんと仔猫をもらってきた! またも問題続出の町を、今度は2匹で救えるか!? 

ハーパーコリンズ・ジャパンTEL:0570・008091(読者サービス係)
この記事の中でご紹介した本
通い猫アルフィーと海辺の町/ハーパーコリンズ・ ジャパン
通い猫アルフィーと海辺の町
著 者:レイチェル・ウェルズ
出版社:ハーパーコリンズ・ ジャパン
以下のオンライン書店でご購入できます
「通い猫アルフィーと海辺の町」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
文学 > 外国文学関連記事
外国文学の関連記事をもっと見る >