今村 翔吾著 くらまし屋稼業 ハルキ文庫|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2018年8月6日 / 新聞掲載日:2018年8月3日(第3250号)

今村 翔吾著 くらまし屋稼業
ハルキ文庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰しも一度や二度は、「今の暮らしを全て捨てて、自由になりたい。新しく人生をやり直したい」と思ったことがあるでしょう。

そんな市井の人々の“秘かな願い”がこめられた新シリーズ「くらまし屋稼業」が、いよいよスタートしました。

著者の今村翔吾さんは、『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫・2018年、歴史時代作家クラブ・文庫書下し新人賞受賞)で、時代小説界に颯爽とデビューしました。「羽州ぼろ鳶組」は、続々重版中の大人気シリーズ。また本年「童神」(『童の神』と改題して十月頭刊行予定)で第10回角川春樹小説賞を北方謙三、今野敏、角川春樹選考委員の大絶賛で受賞した、今、最も注目を集めている気鋭です。

「くらまし屋稼業」は、手に汗握る決闘シーンあり、驚愕の秘策あり、心温まる人情あり……のノンストップエンターテイメント時代小説です。第二巻「春はまだか」も、八月九日発売予定。ぜひお楽しみ下さい。(既刊・六四〇円・角川春樹事務所)
この記事の中でご紹介した本
くらまし屋稼業/角川春樹事務所
くらまし屋稼業
著 者:今村 翔吾
出版社:角川春樹事務所
以下のオンライン書店でご購入できます
「くらまし屋稼業」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
文学 > 日本文学 > 歴史・時代関連記事
歴史・時代の関連記事をもっと見る >