心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー  高山実佐・東直子・千葉聡編|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2018年8月14日 / 新聞掲載日:2018年8月10日(第3251号)

心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー  高山実佐・東直子・千葉聡編

このエントリーをはてなブックマークに追加
真っ只中にいても、遠く過ぎ去ってしまっていても、どこか甘酸っぱく、かつ苦い味わいを思わせる「青春」。
文学研究者と歌人の三人が、現代の青春文学の傑作を紹介。本書は、作品紹介と解説を並べたブッックガイドとは異なり、それぞれの作品の印象的な場面となる箇所を数ページ分抜粋することで、より作品への親しみが増すような工夫がなされている。
さまざまな味わいの作品を試食しつつ自分好みのものを見つけたら、すぐにでも書店に走りたくなるような一冊である。この夏休み、何を読もうかと思わせてくれる。
(A5判・二五六頁・一九〇〇円・三省堂)
この記事の中でご紹介した本
心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー/三省堂
心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー
著 者:高山 実佐、東 直子、千葉 聡
出版社:三省堂
以下のオンライン書店でご購入できます
「心に風が吹いてくる 青春文学アンソロジー」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
東 直子 氏の関連記事
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
文学 > 日本文学 > 青春関連記事
青春の関連記事をもっと見る >