『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

催しもの
更新日:2018年8月24日 / 新聞掲載日:2018年8月24日(第3253号)

『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち*入場無料

前期=9月9日(日)~11月11日(日)/後期=11月13日(火)~2019年1月20日(日)、国際子ども図書館レンガ棟3階 本のミュージアム(東京都台東区上野公園12―49 TEL.03・3827・2053)、開館=9時半~17時、休館=月曜、国民の祝日・休日、毎月第三水曜。

【関連イベント】

▽講演会『赤い鳥』童謡と音楽※事前申込制

講師=周東美材氏(大東文化大学社会学部専任講師)

日時=10月21日(日)14時~16時

会場=国際子ども図書館アーチ棟1階 研修室1
このエントリーをはてなブックマークに追加
催しもののその他の記事
催しものをもっと見る >
ビジネス・経済 > 出版関連記事
出版の関連記事をもっと見る >