水中写真家・中村卓哉 『辺野古―海と森がつなぐ命』クレヴィスから刊行|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

出版メモ
更新日:2018年8月28日 / 新聞掲載日:2018年8月24日(第3253号)

水中写真家・中村卓哉 『辺野古―海と森がつなぐ命』クレヴィスから刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加
水中写真家・中村卓哉氏の新作写真集『辺野古―海と森がつなぐ命』が、9月中旬、クレヴィスから刊行される。B5判・192頁・本体2315円。

沖縄本島東海岸北部に位置する辺野古は、米軍基地建設のため、いまにも海の埋め立て工事が始められようとしている。2001年、中村は「埋め立て予定地となっている海の中にも必死に生きている命があるはずだ」と辺野古に通い始めた。ここには3000年もの歳月をかけてできたサンゴの大群落があり、5000種類を超える生きものが暮らす。この生物多様性の海を育てているのは、広大な「やんばるの森」と、そこから栄養分を運ぶ清流。中村は山と海をつなぐ命のめぐりをライフワークとして、17年間通いつめた。

本書は、広大な森、河口に広がるマングローブと干潟、浅瀬の海、奇跡のサンゴ礁まで、豊かな自然とそこに息づく生物たちの記録。なかでも満月の夜のサンゴの一斉産卵のシーンは、未来へとつなぐ命の神秘を感じさせる。豊かな自然と息づく命の記録(掲載点数約200点)。
「縄文サンゴ」とも呼ばれる辺野古・大浦湾のアオサンゴ(C)Takuya Nakamura

【写真展】

★THE GALLERY企画展・中村卓哉写真展「海と森がつなぐ命ー辺野古ー」
【新宿】9月11日(火) ~10月1日(月)まで、THE GALLERY新宿1+2(東京都新宿区西新宿1―6―1新宿エルタワー28階ニコンプラザ新宿)

【大阪】10月11日(木) ~10月24日(水)まで、THE GALLERY大阪(大阪市北区梅田2―2―2ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階ニコンプラザ大阪)
いずれも、10時半~18時半(最終日は15時まで)、日曜休館。

【関連イベント】
▽9月17日(月)14時~
中村卓哉×むらいさちトークイベント
▽9月22日(土)14時~
中村卓哉トークイベント
いずれも会場は「THE GALLERY新宿1」、予約不要・参加無料、トーク終了後に中村卓哉氏サイン会有り。
▽10月13日(土)14時~
中村卓哉トークイベント
会場=THE GALLERY大阪、予約不要・参加無料、トーク終了後に中村卓哉氏サイン会有り。
クレヴィスTEL:03・6427・2806 
この記事の中でご紹介した本
辺野古ー海と森がつなぐ命/クレヴィス
辺野古ー海と森がつなぐ命
著 者:中村 卓哉
出版社:クレヴィス
以下のオンライン書店でご購入できます
「辺野古ー海と森がつなぐ命」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
出版メモのその他の記事
出版メモをもっと見る >
芸術・娯楽 > 写真関連記事
写真の関連記事をもっと見る >