認定NPO法人ACE/著 安田菜津紀/写真 チェンジの扉 児童労働に向き合って気づいたこと|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2018年8月28日 / 新聞掲載日:2018年8月24日(第3253号)

認定NPO法人ACE/著 安田菜津紀/写真 チェンジの扉 児童労働に向き合って気づいたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
児童労働に関わっている子どもが世界に1億5200万人いる(2017年、ILO国際労働機関発表)。
経済的な理由を主に、教育を受ける権利を奪われ、劣悪な労働により健康を損なう子どもたちが多くいる。本書では「児童労働のない世界」を目指して活動する認定NPO法人ACEが20年間の活動を振り返る。

子どもを学校に通わせてほしい」とお願いすることは、それぞれの家庭事情があるために簡単なことではない。
それでも根気強く支援を続けた末の子どもたちや家族の「チェンジ」、そして児童労働に向き合うスタッフたちの「チェンジ」が綴られる。教育を受けられるようになった子どもたちの笑顔が溢れた本書からは、前向きな意志によって、人生を変えられるきっかけは誰しもが持っていることを教えられる。
思い悩む人よ、「チェンジの扉」はすぐ眼の前にあるのかもしれない。
(四六判・一二八頁・一四〇〇円・集英社TEL:〇三―三二三〇―六〇八〇)
この記事の中でご紹介した本
 チェンジの扉   ~児童労働に向き合って気づいたこと~/集英社
チェンジの扉   ~児童労働に向き合って気づいたこと~
著 者:認定NPO法人ACE
写真家:安田 菜津紀
出版社:集英社
以下のオンライン書店でご購入できます
「 チェンジの扉   ~児童労働に向き合って気づいたこと~」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
社会・政治 > 海外事情関連記事
海外事情の関連記事をもっと見る >