身体が本当に男の子になった!|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2018年8月31日 / 新聞掲載日:2018年8月31日(第3254号)

身体が本当に男の子になった!

このエントリーをはてなブックマークに追加
村田さんの長編を楽しみにしていた。「コンビニ人間」が芥川賞を受賞して、一躍大人気になった村田さん。村田さんの作品を楽しみにしていたのは、もちろん私だけではないだろう。以前、アイルランド文学研究者の栩木伸明さんが、よい作家は螺旋を描くように書く、と言っていた。変わらぬ問題意識で同じテーマを扱いながら、常に次の位相へと進化を遂げていく。『地球星人』もまさにそのような小説だった。稲垣諭さんには、『大丈夫、死ぬには及ばない』という本をきっかけに、お会いした。この本を読んだ時期が、一つ前の長編『消滅世界』と重なったこともあるが、読みながら村田さんのことが浮かび、いつかお二人に直接話してもらいたいと思っていた。稲垣さんも最近『壊れながら立ち上がり続ける』を刊行された(刊行のタイミングもお二人、合っている?)。話は変わるが先日、女優の大竹しのぶさんがミュージカルで「にんじん」役をやったところ、股のあたりが「きゅん!」となる瞬間が幾度かあり、役になりきったことで「身体が本当に男の子になった!」とその驚きを語っていた。不思議な話だが、村田さんの作品にも、その奇跡の芽があるのだと思う。 (S)
この記事の中でご紹介した本
地球星人/新潮社
地球星人
著 者:村田 沙耶香
出版社:新潮社
以下のオンライン書店でご購入できます
「地球星人」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
文学 > 日本文学 > 人の心の動き関連記事
人の心の動きの関連記事をもっと見る >