連 載 モンテイロとポルトガル映画 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く72|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」
更新日:2018年9月11日 / 新聞掲載日:2018年9月7日(第3255号)

連 載 モンテイロとポルトガル映画 ジャン・ドゥーシェ氏に聞く72

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドゥーシェ(左)とモンテイロ(『神の結婚』)
HK 
 モンテイロに関しては、例えば『白雪姫』〔2000〕(何も写っていない黒い画面が作品の大半を占める。ごく稀に、青空を写した映像が数秒映される。ロベルト・ヴァルザーの『白雪姫』のテクストの朗読が付される)は、映画の宣伝業についている人々や、それで生活を成り立たせている人にとっては、暴力行為そのものだったと思います。映画のシステムに対する反抗とも見られます。
JD 
 事実その通りです。モンテイロは、自分自身の生活などを気にかけないところまで行ってしまい、挙げ句の果てには他の人々の人生や実生活を受け入れることがありませんでした。その結果、自分自身の存在を受け入れようともしませんでした。
HK 
 それが原因で、おそらく女性のことが頭から離れることがなかったのではないですか。
JD 
 彼の私生活に関しては、あまり言わないでおきましょう。
HK 
 彼の作品を見ればすぐにわかる主題ですし、モンテイロと女性に関しては知られた話なので、お話しいただいても問題ないと思います。毎度違った女性を連れてパリの街を歩いていたという、目撃談も度々耳にします。
JD 
 彼が、そのような女性観を持っていたのは事実です。ありとあらゆる態度が攻撃的だったようにして、女性との関わりも、スペインやポルトガル、マルクス主義の国家と比較しても、本当に攻撃的なものでした。モンテイロにとっての女性とは、驚くほどに欲望の対象であるのと同時に、攻撃の対象でもありました。一方で私たちフランス人にとっての女性は、尊敬の対象です。離れたところからですが(笑)。
HK 
 ポルトガル映画には、独特のユーモアの表現方法があったのではないでしょうか。モンテイロは、ポルトガルに伝わるお伽噺や社会風刺から映画を作っていたはずです。パウロ・ローシャやオリヴェイラにも、そのような点は見られます。
JD 
 ポルトガル映画は、長年にわたり自分たちの映画を持っていませんでした。多くの問題を抱えていた国です。小さな国であり、そこで作られた映画が外に出ることはほとんどありませんでした。結果、偉大な映画を作ることができなかったのです。本当に重要で、海外でも知られているポルトガル人映画作家は、オリヴェイラとモンテイロです。彼らは、ポルトガル映画を外へと出すことに成功しました。それでも、オリヴェイラのキャリアを考えると、20年近くにわたり映画をほとんど作れなかった期間があります。映画を作ろうとしてはいましたが、作り切ることができませんでした。経済的に成功することはなかったのです。彼の映画が、それなりに成功するようになったのは、50年代の終わりから60年代です。
HK 
 42年に『アニキ・ボボ』を作ってはいますが、本格的に映画を作れるようになったのは70年代の終わり頃からですね。その間には、数本の長編と短編しか取れていません。
JD 
 今日では、ポルトガルの映画作家はヌーヴェルヴァーグの影響を非常に強く受けていると理解できるはずです。ヌーヴェルヴァーグは、慣例的な映画に従わなくとも、映画を作れるということを証明しました。その結果、オリヴェイラやモンテイロのような映画作家たちが、少しずつ作品を生み出すことができたのです。ヌーヴェルヴァーグ以降になって、ようやく世界中を見ることができるようになったのです。それ以前とは、根本的に映画のあり方が変わったのです。それ以前には、日本映画を例にすると、私は49年の時点で、黒澤の存在を知っていました。溝口の映画を初めて見たのは、53年のことです。そのような例から分かるように、日本映画はほとんど知られていなかったのです。しかし、一度発見されるや否や、きわめて重要な映画を発見したことに、私たちは驚愕させられました。それ以前には、誰も見たことのない映画でした。いずれにせよ50年代は、映画が交差し始めた時期です。フランス映画は世界中で少しは知られた存在でしたが、アメリカ人にとっては存在していなかったようなものです。何をしているのか理解が難しかったのだと思います。もしアメリカ映画があるならば、私たちはアメリカ映画を好んでしまうでしょう。

〈次号につづく〉
(聞き手=久保宏樹/写真提供=シネマテーク・ブルゴーニュ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャン・ドゥーシェ 氏の関連記事
久保 宏樹 氏の関連記事
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」のその他の記事
ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」をもっと見る >
芸術・娯楽 > 映画関連記事
映画の関連記事をもっと見る >