北条氏五代と小田原城 山口 博著|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

新刊
更新日:2018年9月8日 / 新聞掲載日:2018年9月7日(第3255号)

北条氏五代と小田原城 山口 博著

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国時代、小田原に本拠を構え関東一円を治めた北条氏。武田、上杉、今川ら戦国時代を代表する大名たちと伍して覇権を争い、また北関東の有力者たちとも渡り合った屈指の戦国大名家として戦国ファンから人気も高い。

初代・宗瑞(早雲)から豊臣秀吉の小田原征伐によって滅びることとなった五代・氏直まで約一世紀に渡る来歴をオールカラーの豊富な写真や図版とともにたどる本書。氏綱、氏康、氏政が小田原城を足がかりに北条家を拡大していく過程を浮き彫りにしつつ、軍事力のみならず民政にも長けた北条家の税制などにも目を向ける。本編中のコラムも充実していて、中には忍者・風魔小太郎についての挿話も。北条家の終焉を迎えることとなる秀吉との闘いは一章まるまる使って詳細に記される。最終章では現在の小田原の街を写し、北条家縁の地を歴史エピソードも交えて散策気分で楽しむことができる。(A5判・一七六頁・二〇〇〇円・吉川弘文館TEL:〇三―三八一三―九一五一)
この記事の中でご紹介した本
北条氏五代と小田原城/吉川弘文館
北条氏五代と小田原城
著 者:山口 博
出版社:吉川弘文館
以下のオンライン書店でご購入できます
「北条氏五代と小田原城」出版社のホームページはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
新刊のその他の記事
新刊をもっと見る >
歴史・地理 > 日本史 > 中世史関連記事
中世史の関連記事をもっと見る >