あらためて漢文を学び直してみようかとも思う|書評専門紙「週刊読書人ウェブ」
マイページで記事のブックマーク!
ログイン
マイページ登録

トップページ

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ

編集室から
更新日:2018年9月28日 / 新聞掲載日:2018年9月28日(第3258号)

あらためて漢文を学び直してみようかとも思う

このエントリーをはてなブックマークに追加
学生時代、古文・漢文の授業は大の苦手だった。現代の日本語とは大きく異なる言葉を、なぜわざわざ原文で読まなくてはならないのかと思っていたのだ。それから数十年。
いまだに古文・漢文を読むことは、過去の不勉強が祟って覚束ないことこの上ないが、ほんの少しずつその面白さや奥深さを感じられるようになってきた。
そんな気持ちでいるところでの今回の鼎談だった。中国、日本にとどまらず世界へと話が広がっていく面白さ、現代日本語訳ではなく原文で読むことの意義等々、とにかく面白く、そして目から鱗がぽろぽろと落ちるようだった。
長い年月をかけて完結した『新釈漢文大系』という偉業に敬意を評しつつ、あらためて漢文を学び直してみようかとも思うのである。 (O)
このエントリーをはてなブックマークに追加
編集室からのその他の記事
編集室からをもっと見る >
学問・人文 > 言語学関連記事
言語学の関連記事をもっと見る >